夢のハーモニー! ジダンの思いやりにフィーゴがダイレクトで応える芸術弾

2021年04月08日(Thu)23時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

20210408_rm_getty
【写真:Getty Images】

 UEFAの公式SNSが、2003年のレアル・マドリードで生まれた芸術的なゴールを紹介した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2003年4月8日、チャンピオンズリーグでマンチェスター・ユナイテッドと対戦したレアル・マドリードは、ホームでのファーストレグで3-1と先勝した。その口火を切ったのがルイス・フィーゴの一撃だ。

 左サイドにボールを運んだフィーゴは、独特なタッチで相手を翻弄してマイナスにパスを出すと、ジネディーヌ・ジダンがコントロール。ミドルシュートのフェイントを入れて相手を十分に引きつけてリターンを出した。

 「ダイレクトでシュートだ」。そんなメッセージがこもっているかのような優しくていねいなパスを受けたフィーゴは、ペナルティエリアの左脇から注文どおりにダイレクトでシュート。完璧にイメージ通りの軌道でゴール右上へと吸い込まれていった。

 銀河系軍団と呼ばれたレアル・マドリード。ジダンとフィーゴのホットラインというだけでも豪華だが、その豪華な2人が完璧なハーモニーを奏でている。

1 2

新着記事

↑top