イタリアの名門ACミランは、これまでにセリエAやUEFAチャンピオンズリーグなど多くのタイトルを獲得。これまで数々の著名な選手を獲得してきた。額面通りの活躍を見せた選手もいれば、期待を裏切った選手もいる。ここでは、2000年以降に加入した選手の中から、チームを大きく変えた選手を紹介する。※移籍金などのデータは『transfermarkt』を参照

日本にもゆかり!バロンドール受賞のミランのアイドル

カカ
【写真:Getty Images】

FW:カカ
生年月日:1982年4月22日
移籍金:850万ユーロ(約11.1億円)
在籍期間:03年夏~09年夏、13年夏~14年夏
リーグ戦成績:223試合77得点63アシスト


【今シーズンのACミランはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 やはりミランのアイドルは最高の補強には欠かせないだろう。カカは2003年にサンパウロから850万ユーロ(約11.1億円)という移籍金でミランにやってきた。サンパウロでは背番号8、2002年の日韓ワールドカップでは23番を背負っていたが、ミランでは22番を選択。ミランで活躍したカカの22番は象徴的な背番号となった。

 カカは移籍初年度から活躍。卓越されたテクニックとスピードを活かしたドリブルを武器にミランの攻撃陣を牽引し、03/04シーズンのセリエA優勝に貢献。06/07シーズンは圧巻だった。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)得点王とMVPに輝き、CL優勝に貢献。クラブワールドカップ制覇にも貢献したカカは2007年にバロンドール、FIFA最優秀選手などの個人タイトルを受賞した。

 2009年1月にマンチェスター・シティがその当時のサッカー史上最高額をミランに提示したと報じられたが、カカ本人が残留を希望したこともありミランにとどまった。その際、サポーターがカカの自宅周辺などに集結するなど騒動が起きた。だが、財政難に苦しんだミランは同年6月にレアル・マドリードへカカを売却した。銀河系軍団に加入したカカだったが、怪我などに苦しみ2013年9月にミランへ復帰となった。

 カカは日本にもゆかりのある選手である。1993年に当時11歳のカカは来日。その当時ホームステイした先の家庭や協会の方々との親交も深く、2007年のクラブワールドカップで来日した際に再会も果たしている。 

1 2 3 4 5

新着記事

↑top