ユベントス、最高の補強は…21世紀ベスト移籍5人。チームを変えたカリスマたち

2021年05月10日(Mon)7時00分配信

シリーズ:21世紀ベスト移籍5人
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

一つの黄金期を支えた世界最高のレジスタ

アンドレア・ピルロ
【写真:Getty Images】

MF:アンドレア・ピルロ
生年月日:1979年5月19日
移籍金:フリー
在籍期間:11年夏~15年夏
リーグ戦成績:119試合16得点33アシスト

 21世紀におけるミランの黄金期を支えた「世界最高のレジスタ」アンドレア・ピルロがフリーでやって来たことは、ユベントスにとって間違いなく幸運なことだった。在籍は2011年から2015年までの4年間と決して長くはないものの、ビアンコネロにもたらしたものの大きさは、計り知れないものがあったと言えるだろう。

 ユベントスに移籍した当時はすでに32歳。ミランでの最後のシーズンは怪我の影響もあり低パフォーマンスに終わっていたので、この補強に対し疑問を抱く人も少なくなかったようだ。しかし、ピルロはピッチ上で自身の獲得が正しかったことを証明。クラウディオ・マルキージオ、アルトゥーロ・ビダルらと共に中盤を構成し、ワールドクラスのパススキルを駆使してゲームをコントロールするなど、アントニオ・コンテ監督の下で不可欠な存在となっていた。

 結果的にピルロは加入1年目でリーグ戦14アシストを記録。1991/92シーズンのミラン以来20年ぶりとなる無敗優勝に大きく貢献した。そして、以降も同選手は中盤の要として活躍。ユベントスでのラストイヤーとなった2014/15シーズンにはミラン時代にも指導を受けたマッシミリアーノ・アッレグリ監督の下で二冠、さらにはチャンピオンズリーグ(CL)準優勝を経験している。

 ピルロはユベントスに在籍した4シーズンすべてでセリエA制覇という財産をもたらした。ニューヨーク・シティ移籍が決まった際、クラブは「この素晴らしい4シーズンをアンドレアと一緒に過ごせたことは光栄であり、ユベントスに関わるすべての人が彼の今後の活躍を願っている。マエストロ、今までありがとう、そして幸運を祈る」と公式サイトに記載。ユベントスの一つの黄金期の始まりを支えたという意味でも、やはり最高の補強になったと言える。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top