ホーム全勝で112年ぶり無敗優勝。ジェラード監督率いるレンジャーズが快挙

2021年05月16日(Sun)14時16分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

スティーヴン・ジェラード
【写真:Getty Images】

 スコティッシュ・プレミアシップ最終節となる第38節の試合が現地時間15日に行われ、レンジャーズがアバディーンに4-0の勝利を収めた。この結果、レンジャーズは今季リーグ戦を無敗優勝で終えている。

【今シーズンのリバプールはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 元イングランド代表のスティーヴン・ジェラード氏が監督を務めるレンジャーズは、今季宿敵セルティックを圧倒。昨季までリーグ9連覇を達成していたセルティックを止め、6試合を残した時点で勝ち点20差をつけて早々と優勝を決定していた。

 優勝決定後の6試合も4勝2分けの無敗で戦い抜き、最終的に32勝6分けの圧倒的な成績で勝ち点102を獲得。2位セルティックに25ポイント差をつけての無敗優勝でシーズンを締めくくった。ホームゲームは19試合で全勝を飾っている。

 近年のスコットランドリーグではセルティックも2016/17シーズンに無敗優勝を達成。レンジャーズにとっては1898/99シーズンに18試合全勝での優勝を飾って以来、実に112年ぶりの無敗優勝となった。

 現役時代にリバプールやイングランド代表の中心選手として活躍したジェラード氏は2018年からレンジャーズを率い始めたのが初の監督経験。今後名将として名を馳せていくことが期待できるかもしれない。 

【了】

新着記事

↑top