アーリング・ブラウト・ハーランド
【写真:Getty Images】


 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝のマンチェスター・シティ対チェルシー戦が現地時間29日に行われ、1-0の勝利を収めたチェルシーが優勝を飾った。大会の全日程を終え、ボルシア・ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドの得点王が確定している。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 ハーランドは今大会で10得点を記録。決勝に残った選手ではチェルシーのFWオリヴィエ・ジルーの6得点が最多という状況で、ハーランドの得点王はほぼ確実な状況だったが、決勝も終えたことで正式に確定した。

 前身の大会も含めて、ノルウェー人選手が得点王に輝くのは初。ドルトムントの選手による得点王獲得も初となった。

 2000年7月21日生まれのハーランドは現在20歳。2008/09シーズンに21歳で自身初の得点王を獲得したリオネル・メッシの記録を更新する大会史上最年少での得点王に輝いている。

 今季CLではグループステージで4試合出場6得点、決勝トーナメント1回戦でもセビージャから2試合で4得点を挙げたハーランド。だが準々決勝のマンチェスター・シティ戦では2試合無得点に終わり、チームも敗退となった。

 準々決勝以前で敗退したチームの選手が得点王となったのは、2004/05シーズンのルート・ファン・ニステルローイ氏(マンチェスター・ユナイテッド)以来16年ぶり。ファン・ニステルローイ氏はグループステージのみで8得点を挙げ、チームが決勝トーナメント1回戦で敗退しながらも得点王に輝いていた。

【了】

新着記事

↑top