旗手怜央「あれ以上をアベレージにしていかないといけない」。日本代表戦で体感したトップレベルの基準とは

2021年06月07日(Mon)17時10分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

旗手怜央
【写真:Getty Images】


 U-24日本代表の選手たちは、3日に行われた日本代表との試合のなかで成長への重要なきっかけをつかんだ。DF旗手怜央もその1人だ。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 A代表との一戦に左サイドバックとして先発出場した旗手は「自分が想定していた、イメージしていた以上の強度だったり、プレーというのを感じた」と語る。

 対面したMF南野拓実やMF原口元気らのクオリティの高さを目の当たりにし、将来的にA代表でプレーするために必要なプレーの基準を体得した。

 旗手は「全員の強度が高いというのがまず第一で。その次に対面した選手で、南野選手だったり原口選手だったりのファーストディフェンスの勢い、僕との間合いを詰めてくるスピードだったり、雰囲気というか、Jリーグではなかなか経験できないような感じでした」と語る。

 南野や原口と対峙して「Jリーグであまり経験できないようなプレー強度」を経験したことにより、日本代表で求められる基準の高さを知ることができた。そして、旗手にとっては「今までで一番かはわからないですけど、相当悔しかった試合」だったという。

「あれ以上をアベレージにしていかないといけないとすごく感じましたし、オーバーエイジの3選手だったりA代表を経験している選手も何人か(一緒に)やっていますけど、やっぱりやっていて楽しいし、盗めるところがピッチ内でもピッチ外でもすごくたくさんある。自分にとってすごくいい合宿になっていると感じます」

 日本代表との試合は左サイドバックとして出場し、5日に行われたU-24ガーナ代表戦は途中出場でトップ下に入った。もともとは攻撃的なポジションを得意とする選手だが、旗手には複数の役割が期待されている。

「A代表との試合でサイドバックをやって、この前のガーナ戦はトップ下で出させてもらって、どこでというより、どこでも自分らしい『あれは旗手怜央だな』と思えるプレーをしたいと思っています」

 東京五輪の最終メンバー発表前に残された試合は12日に予定されているジャマイカ代表戦のみ。残された時間は短いが、そこで旗手がどんな変化を見せてくれるか楽しみだ。

(取材・文:舩木渉)

【了】

新着記事

↑top