【U-24日本代表スタメン案】東京五輪に生き残れるか? 当落線上の選手たちにラストチャンスを! ジャマイカ戦の先発イレブンを厳選

2021年06月12日(Sat)6時00分配信

text by 編集部
Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

U-24日本代表は12日、ジャマイカ代表との国際親善試合に臨む。これが、東京五輪メンバー発表前最後のゲーム。選手個々はアピールに燃えているはずだが、果たして横内ジャパンはどのようなパフォーマンスを見せるだろうか。

いよいよサバイバルの「最後」

U-24日本代表
U-24日本代表のジャマイカ代表戦スタメン案

 U-24日本代表は12日、ジャマイカ代表との国際親善試合に臨む。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 いよいよ「最後」だ。東京五輪本大会メンバーに生き残るためのアピールの機会は、今回のジャマイカ代表戦しか残されていない。この90分間で、事実上、東京五輪本大会に挑む18人のメンバーが決まることになる。

 吉田麻也、遠藤航、酒井宏樹のオーバーエイジ(OA)を筆頭に、何名かの選手は東京五輪行きが「確実視」されている。一方で、現時点でいわゆる「当落線上」にいる選手も多い。今回のジャマイカ代表戦は、そうした面々に最後のアピールチャンスを与えてもいいだろう。では、ここからはスタメン案を紹介していく。

 GKは大迫敬介、谷晃生、沖悠哉、鈴木彩艶の4人が選出されているが、今回のシリーズで出番を得ていないのは鈴木のみ。そのため、最後のジャマイカ代表戦でアピールの機会を与えてもいいのではないだろうか。この中では現状4番手という位置づけだが、能力的には他の3人に劣っていない。ここで活躍し、指揮官を悩ませたいところである。

 右サイドバックは菅原由勢。同選手は日本代表とのチャリティーマッチで出番を得たが、周囲を満足させることができなかった。ジャマイカ代表戦では攻守において非凡なパフォーマンスを示すことが求められるだろう。

 センターバックの一角は橋岡大樹。同選手も日本代表戦で出番を得ていたが、相手を止めきれず。試合後、OA遠藤航から「喝」も入れられた。五輪の18人に滑り込むためには、中南米国との試合で「完封」という結果が必要となるはずだ。

 その橋岡の相棒には町田浩樹を推す。吉田、冨安健洋の牙城を崩すのは容易ではないが、その2人のバックアッパーを務められる可能性は十分残されている。左利きの長身DFという稀有な存在は、最後の最後で猛アピールなるか。

 左サイドバックは、今回のシリーズでなかなか満足いくプレータイムを与えられてこなかった古賀太陽。このポジションは絶対的なファーストチョイスという存在がおらず、ここで猛烈なアピールに成功すれば、一気に序列を高められる可能性がある。横内昭展監督の前で躍動なるか。

【次ページ】激戦区の2列目は…

1 2

新着記事

↑top