イタリア代表が強すぎる! なぜ、トルコ代表を圧倒することができたのか。格別だったのは…【ユーロ2020分析コラム】

2021年06月12日(Sat)11時53分配信

シリーズ:分析コラム
text by 小澤祐作 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

UEFAユーロ2020(欧州選手権)グループリーグA組第1節、トルコ代表対イタリア代表が現地時間11日に行われ、イタリア代表が0-3で勝利した。前評判の高かったトルコ代表にシュート3本しか許さず、完勝。イタリア代表はなぜこれほど圧倒することができたのか。(文:小澤祐作)

いきなり大差がつく試合に

イタリア代表
【写真:Getty Images】

 世界中で猛威を振るい続けている新型コロナウイルスの影響で1年遅れての開催となったUEFAユーロ2020(欧州選手権)。そのファーストゲーム、トルコ代表対イタリア代表で、これほどスコアに差がついたのは少々意外なことだったか。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 2010年、2014年のワールドカップでグループリーグ敗退に終わり、2017年には60年ぶりにワールドカップ出場を逃すなど、イタリア代表は一時暗いトンネルの中にいた。しかし、ロベルト・マンチーニ監督就任後は光を見出せるように。今大会には、27戦無敗という最高の状態を維持したまま臨むことができた。

 27戦無敗という揺るがぬ事実があったことで、アッズーリは今大会の「優勝候補」とも言われるようになった。その評価は、同ダークホース候補とも称されるトルコ代表との一戦で、確固たるものになったと言えるだろう。

 イタリア代表は立ち上がりから完璧に試合を運んでいたわけではなかった。大舞台でのプレッシャーもあったのか、若干固い入りを見せていたのだ。

 その後徐々に落ち着きを取り戻し、ボールを握って何度か良い形でゴール前に侵入した。が、トルコ代表もチャーラル・ソユンクとメリフ・デミラルのセンターバックコンビを中心に粘りのあるディフェンスを見せる。前半45分間で、0-0というスコアを動かすことは叶わなかった。

 それでも、53分にオウンゴールを誘発し1点を奪うと、66分にはチーロ・インモービレのゴールで2点目。そして79分にはロレンツォ・インシーニェにもゴールが誕生し、後半だけでトルコ代表を3-0と突き放すことに成功した。

 最終的にイタリア代表はトルコ代表に24本ものシュートを浴びせている。被シュート数は90分間でわずか3本だった。では、なぜここまでの差がついたのだろうか。

1 2 3

新着記事

↑top