上田綺世、華麗ループ弾は「良いゴールだった」。U-24日本代表での連係は「最初に比べたら…」

2021年06月12日(Sat)16時06分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

上田綺世
【写真:Getty Images】



【U-24日本 4-0 ジャマイカ 国際親善試合】

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 U-24日本代表は12日、ジャマイカ代表との国際親善試合に臨んだ。

 東京五輪メンバー発表前最後の試合で、攻撃陣が爆発した。32分に久保建英がゴールを奪うと、その10分後に遠藤航が追加点。後半には上田綺世、堂安律にもゴールが生まれ、最終スコア4-0でスタジアムを後にすることになった。

 後半頭からの出場ながら三笘薫のスルーパスに抜け出し、1得点と結果を残した上田は「薫くんからいいパスが来たので決めるだけでした。薫くんとは昔からやっていますし、ドリブルで一人二人抜けるっているのはわかっていたので、それを待ってタイミングよく抜け出せたんじゃないかなと思います」と自身のプレーを振り返った。

 上記のシーンでは、GKとの1対1をループシュートで制した。それについて上田は「自分のシュートだったり抜け出しの幅を増やすということを自分なりに励んでいるので、それが出た良いゴールだったんじゃないかなと思います」とコメント。また、2列目との連係面については「この活動の最初に比べたら合うようになっているし、最後のゴールシーンとかもそれが出たと思う」と話した。

 これでU-24日本代表の今月の試合は終了。あとは、東京五輪メンバー発表を待つだけである。上田は「自分の出せるものは出せたつもりですし、みんなもこの活動で出し切れたと思うので、あとは待つだけ。選ばれても選ばれなくても自分のキャリアは続くので、良いパフォーマンスを出し続ける準備をしたいと思います」と東京五輪に向けてコメントを残した。

【了】

新着記事

↑top