イングランド代表に存在した凄まじい“狩人”。クロアチア代表を前に獅子奮迅の活躍、一体誰?【ユーロ2020分析コラム】

2021年06月14日(Mon)13時00分配信

シリーズ:分析コラム
text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ユーロ2020(欧州選手権)グループリーグD組第1節、イングランド代表対クロアチア代表が現地時間13日に行われ、1-0でイングランド代表が勝利した。ガレス・サウスゲート監督率いるチームは終始相手にペースを渡さず。その中で獅子奮迅の活躍を見せていたのは…。(文:本田千尋)

終始イングランド代表ペースで進む

イングランド代表
【写真:Getty Images】

 初の戴冠に向けて好発進だ。現地時間13日に行われたユーロ2020(欧州選手権)グループD第1節。イングランド代表はクロアチア代表に1-0で勝利した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 6分にフィル・フォーデンが放ったポスト直撃の際どいシュートを皮切りに、終始スリー・ライオンズのペースで試合は進んだ。30分過ぎた頃や試合終了が近い80分過ぎた頃など、クロアチア代表がボールを持つ時間帯もあったが、イングランド代表からするとボールを持たせている、といったところ。ルカ・モドリッチのミドルはGKジョーダン・ピックフォードがガッチリとキャッチし、ジョン・ストーンズとタイロン・ミングスのCBコンビは安定したパフォーマンスを見せ、“ヴァトレニ”の戦士たちにゴールを許さなかった。

 決勝点が生まれたのは57分。ミングスとストーンズを中心にボールを回してポゼッションを高めると、右のハーフスペースに走り込んだカルヴィン・フィリップスがゴール前に鋭いパスを出す。この絶妙なボールをラヒーム・スターリングがきっちり決めてイングランド代表が先制。そして1-0のスコアを維持したまま試合を終えて、スリー・ライオンズがユーロの初戦をモノにした。

 この勝利にガレル・サウスゲート監督は手応えを得たようだ。イングランド代表の指揮官は、試合後に次のようなコメントを残した。

「暑さが原因でテンポが落ちた時間帯もあったが、支配したゲームの大部分で敵にチャンスを与えず、私たちは危険な存在に見えたね。バックラインはとてもよく対処したと思う。クロアチアに対しては、特にミッドフィールドの選手たちにプレッシャーを掛けることがカギとなる。そのことを実現することができた」

1 2 3

新着記事

↑top