日本代表、五輪歴代スタメン&フォーメーション。中田英寿、小野伸二らU-23日本代表でプレーした豪華なメンバーは…

2021年06月23日(水)6時30分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

北京五輪

0623Beijin08
初戦・米国戦のフォーメーション



監督:反町康治
成績:グループステージ敗退(3敗)
布陣:4-2-3-1(4-4-2)

 反町康治監督率いるU-23日本代表は、3大会ぶりにオーバーエイジを使わずに本大会に臨んだ。メンバー発表前最後の合宿には遠藤保仁が名を連ねていたが、感染症のため選外に。既にA代表でもプレーしていた内田篤人や安田理大らがメンバー入りを果たした。

 基本は4バックで、西川周作が全試合でゴールマウスを守った。キャプテンを務める水本裕貴と森重真人がセンターバックで、長友佑都と内田篤人がサイドバックに入る。梶山陽平と谷口博之らが中盤に入り、香川真司と本田圭佑が2列目。森本貴幸、岡崎慎司、豊田陽平、李忠成らがFWを務めた。

 本大会は3戦全敗でグループステージ敗退となる。1勝もできなかったのは、U-23という年齢制限が設けられて以降初の屈辱だった。しかし、結果的にこの悔しさがバネとなり、岡崎や内田、長友はA代表でも主力に定着。本田圭佑や香川真司は海を渡り、その後の日本代表を長く支えている。第3戦のみの出場となった吉田麻也は当時19歳だったが、のちに日本代表のキャプテンを務めるまでの存在になる。

●初戦・米国戦の先発メンバー

▽GK
1 西川周作

▽DF
7 内田篤人
6 森重真人
4 水本裕貴
5 長友佑都

▽MF
10 梶山陽平
16 本田拓也
8 本田圭佑
12 谷口博之
14 香川真司

▽FW
15 森本貴幸

【次ページ】ロンドン五輪

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top