マルコ・アセンシオ、ダニ・セバージョス
【写真:Getty Images】



 東京五輪に出場するU-24スペイン代表は、ユーロ2020(欧州選手権)に出場中のA代表メンバーやオーバーエイジ(OA)選手を含めた豪華メンバーを揃えることになりそうだ。スペイン紙『アス』が25日付で見通しを伝えた。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 東京五輪男子サッカーではグループCに入っており、エジプト、オーストラリア、アルゼンチンと対戦が予定されるスペイン。自国開催の1992年バルセロナ五輪以来となる金メダルを目指し、可能な限り強力なメンバーを招集すると見込まれている。

『アス』紙によれば、OA枠3人のうち2人はレアル・マドリードに所属するA代表経験者になるという。25歳のMFマルコ・アセンシオと、24歳のMFダニ・セバージョス(アーセナルへのレンタルから復帰)の2人だ。

 さらに、現在ユーロに出場しているスペイン代表メンバーのうち24歳以下の選手の多くも五輪に招集される見通し。FWダニ・オルモとFWミケル・オヤルサバルの招集は「100%確実」だとされており、他にもGKウナイ・シモン、DFパウ・トーレス、DFエリック・ガルシア、MFペドリに五輪出場の可能性があるとみられている。

 国際サッカー連盟(FIFA)による拘束力がない五輪では、選手の出場を拒否するクラブも多いことが見込まれる。だがスペインでは国内法により五輪への選手供出が各クラブに義務付けられており、招集を拒否することはできない。

 スペインサッカー連盟(RFEF)は、OA枠も含めてマンチェスター・シティのFWフェラン・トーレス、同MFロドリ、ナポリのMFファビアン・ルイス、ローマのFWボルハ・マジョラルらの招集に向けた交渉も行っていたようだが、各クラブの拒否により実現しない見通し。ダニ・オルモも国外クラブであるRBライプツィヒに所属しているが、ライプツィヒは同選手の五輪出場に同意したとされている。

 U-24スペイン代表メンバーは29日に発表が行われる予定。A代表は前日の28日にユーロ2020決勝トーナメント1回戦のクロアチア代表戦を予定しており、負傷者などが出る可能性もあるため、五輪メンバーの確定は発表直前に行われるようだ。

【了】

新着記事

↑top