世界最高の値上がり選手は? サッカー選手市場価値上昇ランキング16位~20位。フィジカル最強の怪物や200%上昇のCBは何位?【2021最新版】

2021年07月05日(Mon)6時00分配信

シリーズ:市場価値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなったサッカー界で、2021年に最も市場価値を上げたのは誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値上昇額ランキングを紹介する。※2020年7月1日と現在の市場価格を比較。数字は6月23日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

20位:イタリアが生んだ逸材MF


ニコロ・バレッラ
【写真:Getty Images】

MF:ニコロ・バレッラ(インテル / イタリア代表)
生年月日:1997年2月7日(24歳)
市場価値の増加額:2900万ユーロ(約34.8億円 / 80.6%UP)
市場価値の変動:3600万ユーロ(約43.2億円)→6500万ユーロ(約78億円)
20/21リーグ戦成績:36試合3得点9アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 カリアリの下部組織出身であるニコロ・バレッラは2015年1月のコッパ・イタリア・ラウンド16のパルマ戦でデビュー。続く同年5月のパルマ戦でセリエAデビューを果たした。

 だが、バレッラはカリアリで中々出場機会を与えられず。2016年1月にカルチョ・コモへレンタル移籍となった。シーズン途中の加入だったが、主力としてプレーした。翌シーズンはカリアリに復帰し、それ以降は主力として活躍した。

 そしてカリアリでの活躍が認められると、2019年7月にインテルへ買い取り義務付きのレンタル移籍。今季は36試合3得点9アシストを記録し、インテルのリーグ優勝に貢献。自身もセリエA最優秀MFに選出された。

 バレッラはセントラルMFとして求められるほぼすべてのプレーをこなすことができる。縦横無尽に走り回りボールを捌くこともでき、強烈なミドルシュートも持っている。また、守備では力強いタックルでボールを奪取する。そんなバレッラは昨年7月の時点では市場価値が3600万ユーロ(約43.2億円)。インテルの優勝にも貢献したこともあり、80.6%アップとなった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top