FW

チーロ・インモービレ
イタリア代表のエースであるチーロ・インモービレ【写真:Getty Images】



フェデリコ・キエーザ(背番号14)
生年月日:1997年10月25日(23歳)
所属クラブ:ユベントス
20/21リーグ戦成績:33試合出場/9得点9アシスト
今大会成績:5試合出場/1得点0アシスト

黄金期のセリエAで活躍したエンリコ・キエーザを父にもつサラブレッド。圧倒的な得点力を持っているわけではないが、爆発的なスピードと身体の強さを誇っており、縦への突破力に関してはイタリア国内でも1、2位を争うほど凄まじいものがある。守備時の猛烈なプレスも見事だ。

今大会は当初、基本的にドメニコ・ベラルディの控えとなっていたが、ラウンド16のオーストリア代表戦で得点すると、準々決勝ベルギー代表戦でスタメン起用。勝利に貢献した。ロベルト・マンチーニ監督へのアピールに成功したのは確かで、準決勝でも先発する可能性は高い。

チーロ・インモービレ(背番号17)
生年月日:1990年2月20日(31歳)
所属クラブ:ラツィオ
20/21リーグ戦成績:35試合出場/20得点7アシスト
今大会成績:4試合出場/2得点1アシスト

セリエA直近5シーズンで4回も20得点以上を叩き出してきたイタリア屈指の点取り屋だ。相手の守備ブロックをいとも簡単に攻略する抜け出しの上手さに水準以上のパワーも兼備。そして何より決定力が抜群に高いので、訪れたチャンスを逃してしまうことが少ない選手である。

センターフォワードのファーストチョイスとして臨んだ今大会はスタートダッシュに成功。グループリーグ2試合で2得点1アシストを記録した。しかし、その後は不発が続いている。エースはスペイン代表戦でゴールを奪い、再びヒーローになることができるだろうか。

ロレンツォ・インシーニェ(背番号10)
生年月日:1991年6月4日(30歳)
所属クラブ:ナポリ
20/21リーグ戦成績:35試合出場/19得点7アシスト
今大会成績:4試合出場/2得点0アシスト

ナポリで生まれ、ナポリで育ち、ナポリでプロキャリアをスタートさせた地元のアイドル。とにかく足元の技術が高く、細かなタッチを繰り返すドリブルや巧みなラストパスで違いを作り出す。左サイドからカットイン→コントロールショットの流れは十八番と言っていいだろう。

背番号10を身に着けている今大会は、ナポリでの好調ぶりをそのまま維持している印象だ。開幕戦でいきなりゴールを奪うと、準々決勝ベルギー代表戦でも単独で芸術的なゴールを沈めた。スペイン代表戦でも求められるのはもちろん目に見える結果。期待に応えられるか。

【次ページ】フォーメーション

1 2 3 4 5

新着記事

↑top