MF

ジョルジーニョ
世界最高峰のパサーであるジョルジーニョ【写真:Getty Images】



ジョルジーニョ(背番号8)
生年月日:1991年12月20日(29歳)
所属クラブ:チェルシー(イングランド)
20/21リーグ戦成績:28試合出場/7得点1アシスト
今大会成績:5試合出場/0得点0アシスト

マウリツィオ・サッリ監督の下で才能を開花させたMFが、29歳にして初のユーロ(欧州選手権)に挑んでいる。最大の武器は最終ラインからボールを引き出してパスを正確かつテンポよく捌き、攻撃のリズムを生み出すこと。背番号8のこの能力は、間違いなく世界トップレベルだ。

ロベルト・マンチーニ監督からの信頼は抜群に高く、今大会はここまで全試合に先発出場。疲労が溜まっていないと言えば嘘になるはずだが、その影響を感じさせないプレーぶりを発揮してきている。スペイン代表戦でも勝利のカギを握るのは、中盤底のこの男になりそうだ。

ニコロ・バレッラ(背番号18)
生年月日:1997年2月7日(24歳)
所属クラブ:インテル
20/21リーグ戦成績:36試合出場/3得点9アシスト
今大会成績:4試合出場/1得点2アシスト

伸び盛りのMFだ。技術力が高く、攻撃を組み立てることも危険なエリアへボールを運ぶこともお手の物。また、とにかく運動量が豊富で非凡なスプリント力も持っており、カウンター時に脅威となることはもちろん守備でもタフに戦うなど、現代型MFに必要なものをすべて備えている。

今大会注目の若手選手とされていたが、ここまではその期待に十分に応えている。グループリーグ第3節のウェールズ代表戦を除く4試合で先発出場しており、準々決勝ベルギー代表戦では1得点1アシストを記録し勝利の立役者となった。準決勝でも何かやってくれるだろうか。

マルコ・ヴェラッティ(背番号6)
生年月日:1992年11月5日(28歳)
所属クラブ:パリ・サンジェルマン(フランス)
20/21リーグ戦成績:21試合出場/0得点2アシスト
今大会成績:3試合出場/0得点2アシスト

イタリアが誇る世界最高峰のMFである。左右両足から繰り出されるパス精度の高さは天下一品で、ドリブルでの運びも非常に巧み。また身長165cmと小柄ながらハードなディフェンスでも抜群の存在感を示すなど、ピッチ内における仕事量は計り知れないものがある。

今大会は怪我の影響でスタートダッシュに失敗したが、グループリーグ第3節ウェールズ代表戦で復帰すると、いきなりハイパフォーマンスを披露。その後はスタメン起用が続き、攻守のグレードを引き上げている。ジョルジーニョ、ニコロ・バレッラと共に準決勝でも期待「大」。

【次ページ】FW

1 2 3 4 5

新着記事

↑top