これは鮮やか! 背番号11によるゴールがまさに絶品! メッシの初タイトルに繋がったその一撃とは【コパ・アメリカ2021/動画付き】

2021年07月11日(Sun)11時53分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

20210711_di maria_getty
【写真:Getty Images】



【アルゼンチン代表 1-0 ブラジル代表 コパ・アメリカ2021・決勝】

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 コパ・アメリカ2021(南米選手権)・決勝戦、アルゼンチン代表対ブラジル代表が現地時間10日にマラカナン・スタジアムで開催された。この試合の決勝ゴールは、実に鮮やかなものだった。

 立ち上がり、やや押し込んでいたのはブラジル代表で、12分にはリシャルリソンとネイマールの関係性からフィニッシュに持ち込んでいる。しかし、先制したのはアルゼンチン代表。決めたのは、アンヘル・ディ・マリアだ。

 このゴールは実に鮮やかなものだった。22分、自陣でボールを持ったロドリゴ・デ・パウルからロングフィードが出ると、レナン・ロディがこれをコントロールミス。ボールはそのままディ・マリアの元へ渡ると、同選手は左足アウトサイドで難なくコントロールし、最後は飛び出してきたGKエデルソンをしっかりと確認して冷静にループシュートを放った。エデルソンの頭上を越えたボールはゴールネットに吸い込まれていった。

 データサイト『Opta』によると、ディ・マリアのゴールはこの日のアルゼンチン代表にとってのファーストシュートであり、またブラジル代表のペナルティーエリア内でボールを触れたのもこの22分のシーンが初だったという。アルゼンチン代表はまさに、ワンチャンスをモノにすることとなった。

 その後、ディ・マリアの鮮やかループでリードを奪ったアルゼンチン代表はブラジル代表にボールを握られたが、守備陣が奮闘し点を許さない。結局最後まで1-0というスコアは動かず、アルゼンチン代表が11大会ぶり15回目の南米王者に輝くことになった。なお、15回目の優勝はウルグアイ代表に並んで最多となっている。

 また、エースのリオネル・メッシにとってはこれが嬉しいアルゼンチン代表での初タイトル。さらに同選手はネイマールと共に大会のMVPにも選出されている。言わずと知れたスーパースターにとって、忘れられない大会となったことは確かだ。

1 2

新着記事

↑top