U-24韓国代表
【写真:Getty Images】



 東京五輪(東京オリンピック)男子サッカー、グループリーグ各組第2節の試合が25日に開催された。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 グループAのU-24日本代表はU-24メキシコ代表と対戦し、久保建英のゴールと堂安律のPKにより2-1で勝利。同じグループではU-24フランス代表とU-24南アフリカ代表が対戦し、後半だけで計7点を奪い合う乱戦の末にフランスが4-3の劇的勝利を飾っている。

 グループBではU-24ホンジュラス代表がU-24ニュージーランド代表に3-2で逆転勝利。初戦でニュージーランドに敗れていたU-24韓国代表は、U-24ルーマニア代表に対して4-0の快勝で初勝利を挙げた。

 韓国はオウンゴールで先制したあと、退場者を出したルーマニアに対してさらに3得点。これでグループBは全チームが1勝1敗の勝ち点3で並ぶ大混戦となった。

 グループCでは初戦に敗れていたU-24アルゼンチン代表がU-24エジプト代表を1-0で下して初勝利。U-24スペイン代表も接戦の末にU-24オーストラリア代表を1-0で破り、同じく初勝利でグループ突破へ前進している。

 グループDではU-24ブラジル代表とU-24コートジボワール代表が対戦。お互いに退場者を出して10人となった試合はスコアレスドローに終わった。

 U-24ドイツ代表はU-24サウジアラビア代表と対戦し、2度のリードを奪いながらも追いつかれる展開。さらに退場者を出して数的不利となったが、最後は3-2で振り切って今大会初勝利を挙げている。

▽グループA
フランス 4-3 南アフリカ
日本 2-1 メキシコ

▽グループB
ニュージーランド 2-3 ホンジュラス
ルーマニア 0-4 韓国

▽グループC
エジプト 0-1 アルゼンチン
オーストラリア 0-1 スペイン

▽グループD
ブラジル 0-0 コートジボワール
サウジアラビア 2-3 ドイツ

【了】

新着記事

↑top