「選手たちの努力に1ミリたりとも疑う余地はない」 森保監督、メダル逃すも選手の奮闘称える【東京五輪男子サッカー】

2021年08月06日(Fri)20時24分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

森保一
【写真:Getty Images】



【U-24日本 1-3 U-24メキシコ 東京五輪・3位決定戦】

 東京五輪(東京オリンピック)男子サッカー3位決定戦のU-24日本代表対U-24メキシコ代表戦が6日に行われ、日本は1-3で敗れる結果に終わった。森保一監督が試合と今大会を振り返ってコメントしている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 53年ぶりの五輪メダル獲得を目指して最後の戦いに臨んだ日本だが、序盤から失点を重ねて苦しい展開に。3点ビハインドから三笘薫が1点を返したがそれ以上の反撃はならず、メキシコが銅メダルを獲得、日本は4位で大会を終えることになった。

「選手たちは本当にこのオリンピックに向けて育成年代のところからずっと頑張ってきてくれて、直近のところでも毎日いい準備をしてくれて、個の良さを出しながらチームとして戦っていこうということでみんな頑張ってくれていたので、監督として選手たちの頑張りを結果に結びつけてあげられなかったのが非常に残念だと思います。そして、我々のサッカーを期待していた方々に喜んでもらえる結果が出せなくて非常に残念に思います」と森保監督は試合後に語った。

「選手たちの試合に向けての努力、このオリンピックに向けての努力は1ミリたりとも疑う余地はないくらい頑張ってくれたので。本当によくやってくれた、頑張ってくれたと言葉をかけました」と森保監督。だが、それでもメダルに届かなかったという結果については「成長しなければならないということだと思います。この悔しさを糧に、また彼らには成長してほしいと思います」と選手たちのさらなる前進を願っている。

【了】

新着記事

↑top