久保建英が感じた敗戦の重み。「自分たちは理解できなかったんだと思う」【東京五輪男子サッカー】

2021年08月06日(金)20時46分配信


タグ: , , , , , , , , , , , ,

2021-8-6-Kubo3_getty
【写真:Getty Images】


【U-24日本代表 1-3 U-24メキシコ代表 東京五輪・3位決定戦】

 東京五輪(東京オリンピック)男子サッカー3位決定戦のU-24日本代表対U-24メキシコ代表戦が6日に行われ、U-24日本代表は1-3で敗れる結果に終わった。久保建英は悔し涙を流しながら、試合を振り返っている。

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 53年ぶりの銅メダル獲得を目指し臨んだ3位決定戦で、U-24日本代表は前半だけで3失点を喫した。攻撃も単発に終わり、途中出場の三笘薫のゴールで1点を返すのがやっと。グループステージで3戦連続ゴールをマークした久保も無得点に終わった。

「勝つって決めてきて、グループリーグで勝った相手だったんで、結果なんですけどどっか気の緩みがあったかもしれないですし、ちょっと重みが自分たちは理解できなかったんだと思います」

 久保を含め6試合すべてに先発してきた選手たちには疲労の色もあったが、「相手も疲れている中3点取って、こっちは1点しか取れなくて試合が終わった」とコメント。「めちゃくちゃ楽しかったですけど、結果手ぶらで自分の家に帰ることになりますし、今までサッカーだけやってきてこんなに悔しいことはないし、この気持ちを忘れないようにできればと思います」

 久保はグループリーグで3戦連続ゴールと結果を残したが、決勝トーナメントでは無得点に終わり、チームとしても3試合でわずか1得点と停滞した。20歳ながらチームを牽引してきた久保は試合後、涙を流してピッチに倒れ込み、悔しさを露わにしていた。「ほんとに今日の負けは重いなと思います」と述べつつ、「次のチャンスが自分にあれば今度こそチームの勝利に貢献できるようにしたい」と今後の飛躍を誓っている。

【了】

新着記事

↑top