世界最高額は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング6位~10位。ネイマールはなぜ…。1年で94億円UPのバルセロナMFとは?【2021最新版】

2021年09月30日(木)6時00分配信

シリーズ:市場価値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

9位:アヤックス育ちのバルセロナMF

20210929_フレンキー・デ・ヨング_Getty
【写真:Getty Images】


MF:フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/オランダ代表)
生年月日:1997年5月12日(24歳)
市場価値:9000万ユーロ(約108億円)
20/21リーグ戦成績:37試合3得点4アシスト
21/22リーグ戦成績:5試合0得点2アシスト

 バルセロナではヨハン・クライフをはじめ、これまで多くのオランダ人が活躍してきた。そして、2019年夏にアヤックスから加入したフレンキー・デ・ヨングは過去の偉人たちに肩を並べるだけのポテンシャルを発揮している。昨季から指揮を執る同胞のロナルド・クーマン監督からの信頼は絶大で、昨季は公式戦51試合に出場。ジェラール・ピケが離脱した際はセンターバックでもプレーするなど、持ち前のポリバレント性をいかんなく発揮した。

 主戦場となっているのはインサイドハーフだ。推進力のあるドリブルと、的確な配球でチャンスを生み出し、チャンスと見るや自らゴール前に飛び込んでいく。今季は前線に同胞のメンフィス・デパイとルーク・デ・ヨングが加入。第3節ではオランダ代表のホットラインが開通しており、フレンキー・デ・ヨングのアシストからデパイがゴールを決めている。

 現在の市場価値は9000万ユーロ(約108億円)。2年前のバルセロナ加入時の8500万ユーロ(約102億円)とさほど変わらないが、アヤックスで大ブレイクを果たす18/19シーズンの開幕前は700万ユーロ(約8.4億円)だった。わずか1シーズンで市場価値は12倍に膨れ上がった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top