アタランタ、マンUとの試合前夜に災難。早朝から警報ベル6回で安眠妨害【欧州CL】

2021年10月20日(Wed)23時53分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

アタランタ
【写真:Getty Images】



 チャンピオンズリーグ(CL)でマンチェスター・ユナイテッドとの対戦を迎えるアタランタだが、試合前夜に思わぬ災難に見舞われてしまったようだ。英紙『デイリー・メール』などが伝えている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 アタランタは現地時間20日にアウェイで行われるCLグループ第3節の試合でユナイテッドと対戦。グループは混戦模様となっており、両チームにとって決勝トーナメント進出を目指す上で重要な一戦となる。

 アタランタは試合に向けて前日からマンチェスター入りしていた。だが宿泊していたホテルでは、早朝から朝にかけて6回にわたって火災警報器のベルが鳴り響き、選手たちは睡眠を妨害されてしまったという。

 警報ベルは午前4時51分から7時13分にかけて、数分から数十分間隔で6回にわたって鳴り響いたとのこと。就寝していたであろう選手たちは早朝に起こされ、そのまま十分に眠ることができなかったかもしれない。

 警報の原因は不明だとされているが、何らかの作為によるものではないかという疑いの声も上がっている。アタランタのウクライナ代表MFルスラン・マリノフスキーの妻は、「単なる偶然だとは思えない。地元の人々によるこんな温かい歓迎は酷い」と皮肉を込めてSNSにメッセージを投稿している。

 アウェイチームの宿泊するホテルの外で深夜にホームサポーターが騒いで睡眠を妨害するなど、いわゆる“アウェイの洗礼”の事例は時折発生するが、今回の件を誰かが意図的に起こしたのかどうかは定かではない。いずれにしても、試合への影響がなければいいが…。

【了】

新着記事

↑top