マウリシオ・ポチェッティーノ
【写真:Getty Images】



 マンチェスター・ユナイテッドは、新監督として現在他クラブを率いている監督の引き抜きを画策しているのかもしれない。英紙『ミラー』など複数メディアが伝えている。

【今シーズンのユナイテッドの試合はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 成績不振に陥っているユナイテッドは21日にオレ・グンナー・スールシャール監督の解任を発表。コーチを務めていたマイケル・キャリック氏が暫定的にチームの指揮を引き継ぎつつ、新たな指揮官を探している状況だ。

 英国メディアやブックメーカーなどでは、当初はレアル・マドリード元監督のジネディーヌ・ジダン氏が新監督の最有力候補と予想されていた。だが以前からユナイテッド新監督就任に乗り気ではないと言われきた同氏は、やはりオファーに応じないとも伝えられている。

 代わって有力候補に浮上してきたのは、過去にイングランドではサウサンプトン、トッテナムでの監督経験もあるマウリシオ・ポチェッティーノ氏。現在はパリ・サンジェルマン(PSG)で監督を務めているが、パリでの現状に不満を抱いており、ユナイテッドの誘いに応じる意思があるとみられている。

 ジダン氏はユナイテッドの監督に就任する気はないが、母国の強豪PSGを率いることには関心を示しているとも言われる。もしポチェッティーノ監督がユナイテッドへ移る場合、ジダン氏がその後任としてリオネル・メッシらのスター軍団を率いる可能性があるとも予想されている。

 一方で『ザ・サン』紙は、ユナイテッドがレスター・シティのブレンダン・ロジャース監督の引き抜きを試みているとも報道。ユナイテッドにはそのために800万ポンド(約15億3000万円)の補償金を支払う意思があり、すでにレスターとの接触を開始したとされている。

【了】

新着記事

↑top