ブレンダン・ロジャース

カイ・ハフェルツ

チェルシーが勝てない。今、何を変えるべきなのか。悩めるハフェルツが輝きを取り戻すための手段は?【分析コラム】

プレミアリーグ第18節、レスター対チェルシーが現地時間19日に行われ、2-0でホームチームが勝利している。チェルシーはこれでリーグ戦直近5試合の成績が1勝1分3敗。フランク・ランパード監督の立場も揺らいでいることは確かだろう。何かを変えなければならない。(文:小澤祐作)

1126Vardy_getty

レスターの5-4-1、それは…。恐るべきヴァーディーまでの距離。特異な戦術にして最適な戦術に迫る【カメレオンの生息プラン・後編】

「プレミアリーグ謀略者たちの兵法」と題してプレミアリーグの監督たちを特集した12/7発売『フットボール批評issue30』から、今季のプレミアで注目を集める変幻自在の「カメレオン・レスター」に本誌初登場となる元Jリーガー・柴村直弥氏が自身の経験を盛り込みながら解説を試みた記事を、発売に先駆けて一部抜粋して前後編で公開する。今回は後編。(文:柴村直弥)

1126Rogers_getty

レスター、その緻密な戦略とは? 徹底分析…シティ戦衝撃の5得点【カメレオンの生息プラン・前編】

「プレミアリーグ謀略者たちの兵法」と題してプレミアリーグの監督たちを特集した12/7発売『フットボール批評issue30』から、今季のプレミアで注目を集める変幻自在の「カメレオン・レスター」に本誌初登場となる元Jリーガー・柴村直弥氏が自身の経験を盛り込みながら解説を試みた記事を、発売に先駆けて一部抜粋して前後編で公開する。今回は前編。(文:柴村直弥)

20201124_leicester_getty

レスターって誰がいるの? 現在のスタメン、フォーメーションは? ベテランのヴァーディーも進化中、力を増し続ける巨大な伏兵

昨季5位と躍進したレスターは、ブレンダン・ロジャース体制の3年目を迎えた。ジェイミー・ヴァーディーやカスパー・シュマイケルらベテランは今もなお輝きを放っており、そこにユーリ・ティーレマンスやジェームズ・マディソンといった若き力も加わるなど、総合力はプレミアリーグ屈指と言ってもいいだろう。今回は、そんなレスターの現在の主力メンバーをポジションごとに紹介していく(成績は2020年11月23日現在)。

クリスティアン・フクス

レスター、強さの理由は? チームを支える奇跡の優勝メンバーたち。まさにいぶし銀、ベテランの生き残る道

プレミアリーグ第7節が現地2日に行われ、レスター・シティはリーズ・ユナイテッドを4-1で下した。開幕から好調を維持して2位につけるレスターを支えているのは、かつて“奇跡の優勝”の立役者となったベテランたちかもしれない。それぞれの方法で生き残ってきた数少ない優勝メンバーの5人は、いまだに重要な存在であり続けている。(文:舩木渉)

ダビド・ルイス

アーセナル、プラン崩壊の原因は…。早くも今季3敗目、レスターが示した倒し方

現地25日にプレミアリーグ第6節が行われ、アーセナルはレスターに0-1で敗れた。ミケル・アルテタ監督とブレンダン・ロジャース監督が演じた戦術合戦は、思わぬ形で大きく動いた。なぜアーセナルは敗れてしまったのだろうか。(文:舩木渉)

0623Gerrard_getty

ジェラードがやらかしてしまった「あれ」。リバプールを誰より愛し愛された男の悲運【リバプールの20年史(3)】

18度のリーグ優勝を誇るリバプールは、1989/90シーズンを最後にリーグ優勝から遠ざかっている。80年代にサッカー史に残る2つの悲劇を目の当たりにしたリバプールはその後、どのような道のりを歩んできたのか。第3回は、プレミアリーグ初制覇に迫った13/14シーズンと、稀代のキャプテン、スティーブン・ジェラードを振り返る。(文:西部謙司)

0303Liverpool

リバプール、クロップ体制歴代フォーメーション。5年間でどう変化した? 世界一のチームができるまで

今季のリバプールはプレミアリーグで首位を独走し、30シーズンぶりのリーグ優勝は時間の問題となっている。2015年10月に監督に就任したユルゲン・クロップはリバプールをUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇へと導き、プレミアリーグで優勝できるチームへと育て上げた。今回フットボールチャンネルでは、クロップの監督就任から現在までの主要メンバーや基本システムを、シーズンごとに紹介する。

0223DeBruyne_getty

なぜデブルイネは封じられたのか? マンチェスター・シティの攻撃を無力化させたレスターの守備戦術

プレミアリーグ第27節、レスター・シティ対マンチェスター・シティが現地時間22日に行われ、0-1でシティが勝利を収めた。80分にガブリエウ・ジェズスが決勝点を挙げたが、アシストランキングを独走するケビン・デブルイネはこの試合で沈黙。シティの攻撃が停滞した理由はレスターの守備戦術にあった。(文:加藤健一)

新着記事

↑top