リバプール時代のスアレスが凄すぎる、8年前の今日1試合4得点、全てが超ゴラッソ!

2021年12月04日(Sat)21時21分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

ルイス・スアレス
【写真:Getty Images】



 ちょうど8年前の今日、当時リバプールに所属していたルイス・スアレスがプレミアリーグで1試合4得点の大暴れを見せた。4得点全てがスーパーゴールという圧巻のパフォーマンスをリーグ公式SNSが振り返っている。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 リバプール加入4年目の2013/14シーズンは、前年に起こした“噛みつき”事件による出場停止処分で序盤戦の欠場を強いられたスアレス。だが復帰を果たすと圧倒的なプレーでゴールを量産し始めた。

 復帰から8試合で9ゴールを叩き込み、12月4日に迎えた第14節の試合ではノリッジ・シティと対戦。スアレスはプレミアリーグで自身初となる1試合4得点に加えてアシストも記録し、全ゴールに絡んでリバプールを5-1の大勝に導いた。

 4得点1アシストという数字だけでも圧倒的だが、その4ゴールが全て素晴らしい。敵陣中央から弧を描く強烈なミドルでGKの頭上を抜き、2点目はCKからの速いボールをボレーでジャストミート。ボールを浮かせる巧みなコントロールで相手選手をかわして突き刺した3点目に続いて、最後は直接FKから完璧なシュートを叩き込んだ。

 リバプール在籍時にノリッジからは対戦6試合で3度のハットトリックを達成するなど計12点を奪っており、スアレスにとってまさに“お得意様”。このシーズンは出遅れながらも33試合出場で31得点を重ね、プレミアリーグ得点王・欧州ゴールデンシューに輝くことになった。

1 2

新着記事

↑top