日本の「ガラスの天才」5人。栄光と苦悩…最高級の才能も怪我に泣いた男たち(前編)

2021年12月17日(Fri)7時00分配信

シリーズ:ガラスの天才5人
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

サッカー選手は常に怪我と隣り合わせだ。1つの怪我でキャリアを棒に振ってしまう選手もいれば、何度も大怪我を負いながらもその逆境を乗り越えて長く活躍する選手もいる。今回は最高級の才能がありながらも、怪我に苦しむキャリアを歩んできた”ガラスの天才”5人を紹介する。

日本に戻ってきた元逸材

宮市亮
【写真:Getty Images】

FW:宮市亮(日本/横浜F・マリノス)
生年月日:1992年12月14日
日本代表:2試合0得点0アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 早くから注目を浴びていた存在で、年代別日本代表として数々の大会に参加した。2010年夏にはアヤックスとアーセナルの練習に参加し、当時後者を率いていた名将アーセン・ヴェンゲルから高い評価を得ることに成功。同年冬にそのアーセナルから正式オファーを受け加入が決まるなど、サッカーキャリアのスタートはあまりにも順調だった。

 ただ、宮市亮はその後オランダ、イングランド、ドイツでプレーすることになるのだが、いずれの舞台でも怪我に泣かされた。19歳で移籍したウィガンでは2度も右足首靭帯損傷を経験。2015年より在籍したザンクトパウリでは1年目に左ひざ前十字靭帯断裂の大怪我を負い、その2年後には反対の右ひざ前十字靭帯断裂という重傷を負ってしまった。その他にもハムストリングや肩などあらゆる部分を痛めており、欧州では1シーズン稼働することがもはや珍しくなっていた。

 度重なる怪我の影響により異国の地でインパクトを残せなかった宮市は、今夏に横浜F・マリノスへ加入したが、2021シーズンのJ1リーグ出場は2試合に留まるなど影を潜めてしまった。しかし、同選手はまだ29歳。これまでのキャリアが残念なものになっていることは否めないが、まだまだ輝けるチャンスはあるだろう。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top