サッカー選手は常に怪我と隣り合わせだ。1つの怪我でキャリアを棒に振ってしまう選手もいれば、何度も大怪我を負いながらもその逆境を乗り越えて長く活躍する選手もいる。今回は最高級の才能がありながらも、怪我に苦しむキャリアを歩んできた”ガラスの天才”5人を紹介する。

この男の復活は…

1222-グラム
【写真:Getty Images】

DF:ファウジ・グラム(元アルジェリア代表/ナポリ)
生年月日:1991年2月1日
アルジェリア代表:37試合5得点9アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 サンテティエンヌの下部組織出身のファウジ・グラムは、19歳でトップチームデビュー。1年目のシーズン終盤からスタメン出場を続けると、翌年は第2節から定位置を確保。12/13シーズンにはクラブ史上初の国内リーグカップ優勝に貢献した。2013年にはアルジェリア代表デビューを飾り、順調に評価を高めたグラムは、2014年にナポリに移籍を果たした。

 セリエAの強豪でも、グラムはすぐに定位置を確保した。しかし、イタリアにやってきたこの男のキャリアは、徐々に苦しいものとなっていった。始まりは2017年11月、チャンピオンリーグ(CL)のマンチェスター・シティ戦で右膝前十字靭帯断裂。2018年2月に復帰するも、直後のトレーニング中に膝蓋骨を骨折し、3ヵ月の戦線離脱となった。

 立て続けに長期離脱となったグラムは2018年5月に復帰したが、今度は7月から膝の手術により再び3ヵ月の離脱を余儀なくされた。10月からチームに復帰し、徐々に試合にも出場していったが、2019年10月に筋肉系のトラブルで離脱。さらに、翌シーズンの2021年3月には左膝十字靭帯を断裂し、シーズン後半戦を棒に振ってしまった。今季はここまでリーグ戦3試合に出場しているが、膝に爆弾を抱えるこの男は、残りのシーズンを戦い抜くことが出来るだろうか。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top