アーセナル史上最強の潰し屋は誰だ? 警告&退場数ランキング1~5位。唯一ランクインした現所属選手とは?

2022年03月11日(Fri)6時00分配信

シリーズ:歴代カード枚数ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,


アーセナル 最新ニュース

イングランドが誇る名門アーセナルでは、数え切れぬほどの選手たちがプレーしてきた。その中で、最も多くカードを提示されてきたのは誰なのか。今回は、アーセナルの“カードコレクター”たちをランキング形式で紹介する。(イエローカード+レッドカードの合計枚数をランキング化し、並んだ場合はレッドカードが多い方を上位とする。データは3月10日時点の『tramsfermarkt』を参照)


5位:セスク・ファブレガス(元スペイン代表)

sesuku
【写真:Getty Images】

在籍期間:2004年7月~2011年8月
クラブ通算成績:304試合57得点96アシスト
イエローカード:57枚
レッドカード:1枚


【今シーズンのアーセナルはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初回1ヶ月無料お試し実施中】


 バルセロナのカンテラ(下部組織)出身のセスク・ファブレガスは、2003年9月にアーセナルへやってきた。翌月のリーグカップ戦でトップチームデビューを果たすと、そこから7年間で公式戦304試合に出場。獲得タイトルは多くないが、この男の活躍は多くのファンの記憶に焼き付いているだろう。

 アーセン・ベンゲルに才能を見出されたセスクは、卓越したパススキルとテクニックで同監督の華麗なパスサッカーを体現した。ゲームメイクやチャンスを演出するだけでなく、自らも得点を奪えるこの男は、09/10シーズンにリーグ戦27試合15得点15アシストという圧巻の記録を残している。
 
 一方で、遅れて足を出したり、不用意なスライディングを見舞ったりと守備は少し雑。その影響か、在籍7年でイエローカード57枚、レッドカード1枚を受けることになった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top