バルセロナで復活のオーバメヤン。イブラヒモビッチ以来13年ぶりに達成した記録とは?

2022年03月14日(Mon)19時57分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,


バルセロナ最新ニュース

ピエール=エメリク・オーバメヤン
【写真:Getty Images】




アーセナルでの構想外から一転


 冬の移籍市場でバルセロナに加入したFWピエール=エメリク・オーバメヤンは、順調に得点を重ねている。ここまでの得点ペースは過去にクラブで活躍したレジェンドたちにも並ぶほどだ。



【今シーズンのバルセロナはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初回1ヶ月無料お試し実施中】

 オーバメヤンはアーセナルで規律違反によりキャプテンを剥奪され戦力外とされたあと、1月末に契約を解除。退団以前からアーセナルでは調子を落としている状況だったが、バルセロナでは復調の様子を見せている。

 リーガ初先発となったバレンシア戦でハットトリックを達成したのに続いて、ヨーロッパリーグのナポリ戦、リーガのアスレティック・ビルバオ戦、オサスナ戦でもゴールを記録。加入後9試合で6得点を挙げたことになった。

 特にリーガではデビューからの6試合の出場で5得点を記録している。英紙『ミラー』などが伝えたところによれば、これはバルセロナではFWズラタン・イブラヒモビッチ以来となる記録だという。2009年夏にインテルからバルセロナへ移籍したイブラヒモビッチは、リーガ開幕からの5試合連続ゴールを記録していた。

 さらに遡っても、リーガデビューから6試合で5得点を挙げたバルセロナの選手はイブラヒモビッチの他に過去60年間で6名のみ。シャーンドル・コチシュ(1960年)、ヨハン・クライフ(1973年)、ハンス・クランクル(1978年)、ロナルド・クーマン(1989年)、ロマーリオ(1993年)、ロナウド(1996年)と、いずれもクラブとサッカー界の歴史に名を残すレジェンドばかりだ。

【了】

新着記事

↑top