世界最高のトップ下は誰だ! サッカー選手攻撃的MF能力値ランキング1~5位。堂々たる1位選出となったのはあの男!(21/22シーズン版)

2022年04月29日(Fri)10時00分配信

シリーズ:21/22能力値ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,


サッカー最新ニュース


5位:クリストファー・エンクンク(フランス代表/RBライプツィヒ)

エンクンク22
【写真:Getty Images】

生年月日:1997年11月14日
市場価格:6500万ユーロ(約78億円)
20/21リーグ戦成績:28試合6得点7アシスト


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 パリ・サンジェルマン(PSG)の下部組織出身で、2015年にトップチーム昇格。しかし、名だたるスター選手が揃う同クラブでは定位置を確保するに至らなかった。それでも、2019年に移籍したRBライプツィヒでは攻撃の中心的存在に君臨。今季はブンデスリーガですでに17得点15アシストを記録と爆発しており、自身の価値をさらに高めている。

 世界トップレベルの「スピード」と「テクニック」を有しており、そのスキルを活かした「ドリブル」で敵陣を切り裂くプレーが得意。また、単独で数的優位な状況を作り出してから繰り出すキーパスの質も極めて高い。ブンデスリーガ初挑戦のシーズンにリーグ戦15アシスト、今季も同15アシストをマークしていることが、優れたチャンスメーカーであることの何よりの証だ。

 そしてこの男の恐ろしいところは、ストライカー顔負けの決定力もあること。上記したようにキーパスの質がハイレベル、またセットプレーのキッカーを担っていることからも分かる通りキック精度に秀でているため、どこからでも狙ったコースにしっかりとシュートを蹴り込むことができる。その能力の高さは、ゴール数が着々と積み上がっている今季により明らかとなっている。

 以前までは身体能力に任せたプレーが目立っていたが、経験を重ねていくにつれて判断力なども向上。攻撃的なMFとして、できることの幅は確実に広がっている。まだ24歳という年齢を考えても伸びしろは十分で、楽しみな存在である。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top