最悪の無駄遣い…。ユベントス、“給料が高すぎる”5人。決定力に欠けるストライカー、存在感が感じられない“シャビ2世”とは

2022年05月19日(木)7時00分配信

シリーズ:給料が高すぎる5人
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,


FW:アルバロ・モラタ(スペイン代表)

アルバロ・モラタ
【写真:Getty Images】


生年月日:1992年10月23日(29歳)
年俸:650万ユーロ(約8.7億円)
週給:12.5万ユーロ(約1680万円)
21/22リーグ通算成績:34試合8得点6アシスト

 レアル・マドリードでプロキャリアをスタートさせたアルバロ・モラタは、ユベントス、チェルシー、アトレティコ・マドリードと3ヶ国のビッグクラブを渡り歩いた。189cmという恵まれた体格を持つこのスペイン代表FWは2020年夏、期限付き移籍という形でユベントスへ戻ってきた。

 復帰1年目の20/21シーズンは公式戦44試合に出場し、20得点を記録した。しかし、今季ではチームで5番目に多い出場時間を与えられるが、リーグ戦ではわずか8得点に留まった。1シーズン目と比べると非常に見劣りした成績で、得点が1桁では監督としては不満に違いない。

 ゴール以外でも貢献できるタイプではあるが、わずか8得点で年俸650万ユーロ(約8.7億円)という金額は、“貰いすぎ”となってしまう。期限付き移籍期間は今夏で終了するため、去就は注目を集めることになりそうだ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top