シュート3本で勝てるレアル・マドリードの強さ。リバプールを封じた守護神は圧巻、影の立役者は…【欧州CL決勝分析コラム】

2022年05月29日(Sun)11時59分配信

シリーズ:分析コラム
text by 小澤祐作 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,


レアル・マドリード最新ニュース

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦、リバプール対レアル・マドリードが現地時間28日に行われ、0-1でマドリーが勝利。4季ぶり14回目の優勝を果たすことになった。試合内容はリバプールの方が上回っていた。しかし、最後に勝つのは結局マドリーなのである。(文:小澤祐作)


何もできなかった前半のマドリー

レアル・マドリード
【写真:Getty Images】

 サッカーとは実に単純だ。結局、最後に勝つのはレアル・マドリードなのである――。

【今シーズンのレアル・マドリードはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 キックオフ時間が大幅に遅れた2021/22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)決勝戦。4季ぶり14回目の優勝を目指すカルロ・アンチェロッティ監督率いるマドリーは、予想通り4-3-3でこの試合に臨んだ。最終ラインにはダビド・アラバが復帰。中盤はルカ・モドリッチ、カゼミーロ、トニ・クロースによる鉄板トリオで、前線には絶好調のカリム・ベンゼマとヴィニシウス・ジュニオール、そしてフェデリコ・バルベルデが並ぶことになった。

 そのマドリーだが、前半はリバプールに対し何もできなかったと言っていい。

 相手を引き込み、奪ってから素早い縦への仕掛けで仕留める、というのがマドリーの狙いだったはずだが、それが不可能になるほどリバプールに押し込まれてしまった。とくに脅威だったのが相手の右サイド。プレミアリーグ得点王のモハメド・サラー、キックに自信を持つトレント・アレクサンダー=アーノルドに加え、主将ジョーダン・ヘンダーソンも大外に開いてくる。そのため守備強度が高いとは言えないヴィニシウスの反応が少しでも遅れると数的不利な状況を強いられてしまい、16分の場面のようにシュートまで繋がれることがあった。

 また、マドリーは相手を引き込んでおきながらライン間をしっかりと引き締めることもできず。比較的フリーでボールを持つことが多かったファビーニョを起点としたリバプールの攻撃になかなかブレーキをかけられなかった。

 マドリーはボール保持時も苦戦。前半のリバプールはヘンダーソンが全体にプレスのスイッチを入れていたが、マドリーはその強烈なプレッシャーをうまく回避することができず。苦しんだ末に相手の背後を狙って長いボールを何度も蹴り込んだが、結局はフィルジル・ファン・ダイクを中心とした相手の守備陣に跳ね返され続け、再び守備に時間を割くということを繰り返していた。

 マドリーは前半終了間際、ベンゼマに幻のゴールが誕生したが、それまで決定的なシーンを全く作ることができていなかった。事実、前半はリバプールのシュート数10本に対し、マドリーのシュート数はわずか1本。いつリードを奪われてもおかしくはない45分間だったと言えるだろう。

 しかし、結果論にはなるが、前半を0-0で終えたことがマドリーにとっては大きかった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top