FW

202200527_ミュラー_getty
【写真:Getty Images】


トーマス・ミュラー(バイエルン・ミュンヘン)
生年月日:1989年9月13日
ドイツ代表成績:112試合43得点40アシスト

ティモ・ヴェルナー(チェルシー/イングランド)
生年月日:1996年3月6日
ドイツ代表成績:49試合22得点4アシスト

マルコ・ロイス(ドルトムント)
生年月日:1989年5月31日
ドイツ代表成績:48試合15得点14アシスト

レロイ・サネ(バイエルン・ミュンヘン)
生年月日:1996年1月11日
ドイツ代表成績:42試合11得点5アシスト

セルジュ・ニャブリ(バイエルン・ミュンヘン)
生年月日:1995年7月14日
ドイツ代表成績:31試合20得点6アシスト

カイ・ハフェルツ(チェルシー/イングランド)
生年月日:1999年6月11日
ドイツ代表成績:25試合8得点10アシスト

ルーカス・ヌメチャ(ヴォルフスブルク)
生年月日:1998年12月14日
ドイツ代表成績:4試合0得点0アシスト

カリム・アデイェミ(ザルツブルク/オーストリア)*ドルトムント移籍が決定済
生年月日:2002年1月18日
ドイツ代表成績:3試合1得点0アシスト

 バイエルン・ミュンヘンとチェルシーのタレントがひしめく前線のポジションはかなり流動的である。スタメン起用の可能性が高いティモ・ヴェルナー、セルジュ・ニャブリ、トーマス・ミュラー、カイ・ハフェルツは状況に応じてポジションを入れ替えながら相手ゴールに迫っていく。

 長くドイツ代表を支えたミロスラフ・クローゼのような絶対的な点取り屋がいるわけではないが、ワールドカップ予選ではイングランドの次に多い36ゴールを記録。レロイ・サネ、マルコ・ロイスら控えを含め選手のクオリティは高く、仮に誰かが負傷したとしてもそこまでの戦力ダウンは見込まれない。

 また、直近はカリム・アデイェミ、ルーカス・ヌメチャといった成長著しい2人の若手選手が代表に定着。50試合以上の代表キャップを記録している選手はミュラーのみだが、強力であることには変わりない。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top