<試合結果>U-21日本代表、ウズベキスタンに完敗…。布陣変更も実らず、準決勝で敗れる【AFC U-23アジアカップ】

2022年06月16日(Thu)7時05分配信

photo AFC
Tags: , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース

0616U21Japan_AFC
【写真:2022 Asian Football Confederation (AFC)】



開催国ウズベキスタンと対戦

 U-21日本代表は現地時間15日、AFC U-23アジアカップ準決勝でU-21ウズベキスタン代表と対戦し、0-2で敗れた。



【U-21日本代表 AFC U23アジアカップはDAZNで全試合生中継!
いつでもどこでも簡単視聴】


 準々決勝でU-23韓国代表を3-0で破ったU-21日本代表は中2日で準決勝に臨んだ。新型コロナウイルス陽性者が出たU-21日本代表はベンチ入りしたのが7選手という苦しい台所事情に。3日前から先発メンバーの変更は2人のみで、松岡大起と内野貴史が起用されている。

 前半はスコアレスで終えたが、U-21日本代表陣内に押し込まれる時間が長く、なかなかチャンスを作ることができない。そこで、U-21日本代表は58分に最初の交代カードを切る。松岡大起に代えて山本理仁をボランチに入れ、左サイドを斉藤光毅から佐藤恵允にスイッチした。

 60分、キャプテンマークをつける背番号10のジャスルベク・ジャロイニロフがゴール正面から左足でミドルレンジから狙う。今大会で再三にわたりスーパーセーブを見せてきた鈴木彩艶も懸命に腕を伸ばしたが、シュートは無情にもゴールに突き刺さった。

 リードに成功したU-21ウズベキスタン代表は71分に2枚の交代カードを切る。74分にはFKから決定的なシュートを放ったが、細谷真大のブロックでU-21日本代表は事なきを得た。

 U-21日本代表は78分に中島大嘉と半田陸を投入し、布陣を4-4-2に変更する。攻勢に出たいところだったが、自陣でのミスから89分に痛恨の失点を喫して万事休す。その直後に最後の交代カードとなる松木玖生を入れるが、無得点のまま試合終了のホイッスルを聞いた。シュート本数は6対20と、U-21ウズベキスタンが大きく上回った。

【了】

新着記事

↑top