バルセロナ、最高の補強は? 21世紀ベスト移籍ランキング1〜5位。華麗なスタイルを貫いたスターたち

2022年06月25日(土)9時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2位:ルイス・スアレス

ルイス・スアレス
【写真:Getty Images】


生年月日:1987年1月24日
移籍金:8172万ユーロ(約117億円)
在籍期間:14年夏~20年夏
リーグ戦成績:191試合144得点78アシスト

 ルイス・スアレスの獲得には大金を投じたが、それに見合う活躍を見せた。ラ・リーガ優勝4回、チャンピオンズリーグ優勝1回など、バルセロナに多くのタイトルをもたらしている。

 アヤックスでエールディビジ得点王になり、リバプールでプレミアリーグ得点王となったスアレスは、2015/16シーズンにラ・リーガの得点王にも輝いた。2014/15シーズンのチャンピオンズリーグ決勝ユヴェントス戦では決勝点となるチーム2点目を記録。自らの手でビッグイヤーをたぐり寄せた。

 スアレスといえば「MSN」——リオネル・メッシ、ネイマールとの3トップの一角としても有名だ。破壊力抜群の3人は、どのチームからも恐れられた。

 スアレスに投じた8172万ユーロ(約117億円)は決して安くないが、市場価値はバルセロナ加入時点で6000万ユーロ(約86億円)からピーク時は9000万ユーロ(約129億円)まで上昇。バルセロナ加入でさらに価値を高めた形だ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top