パリ・サンジェルマン 最新ニュース

クリストフ・ガルティエ
【写真:Getty Images】



移籍候補の選手らはメンバー外と仏紙

 プレシーズンの日本ツアーを予定しているパリ・サンジェルマン(PSG)だが、“放出候補”の選手たちは大幅に遠征メンバーから外すことになるのかもしれない。仏紙『レキップ』が伝えている。

【メッシやエムバペ、ネイマールらのユニフォームが購入可能!
PSG公式オンラインショップはこちら!】

 PSGは今週金曜日にシーズン最初の練習を終えたあと日本に向けて出発予定。日本では今月20日に川崎フロンターレ戦、23日に浦和レッズ戦、25日にガンバ大阪戦という3試合の親善試合を戦うことになる。

 各国代表メンバーを揃えた豪華メンバーのPSGだが、仏紙によれば来日するチームはある程度コンパクトな陣容となることが見込まれるという。トップチームの選手20名前後に若手選手を加え、30人弱ほどのメンバーと予想されている。

 トップチームに所属しながらも来日メンバーから外されることになるのは、クリストフ・ガルティエ新監督にとって「望まれざる」選手たち。オファーがあれば他クラブへの移籍に応じる放出候補の選手たちだ。

 具体的には、FWマウロ・イカルディ、DFレイヴァン・クルザワ、MFユリアン・ドラクスラー、MFアンデル・エレーラ、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、FWエリック・ジュニオール・ディナ・エビンベ、MFラフィーニャ、GKセルヒオ・リコ、MFイドリッサ・ゲイェが、来日メンバー外となる可能性のある選手たちとして挙げられている。

 一方で、新戦力としてインテルのDFミラン・シュクリニアルやサッスオーロのFWジャンルカ・スカマッカの獲得を今週中に決めた上で日本に連れていきたいというのがPSGの考えだとも伝えられている。来日するメンバーは、新たなシーズンを実際に戦う顔ぶれに近いものとなるのかもしれない。

【了】

新着記事

↑top