なぜか…イタリア代表で輝けなかった5人の名手。クラブでは絶対的な存在も…選手層が厚すぎて試合に出られなかった選手たち

2022年07月17日(日)18時00分配信

シリーズ:代表で輝けなかった5人の名手
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,

イタリア代表で輝けなかった5人の名手

イタリア代表はどのポジションを切り取っても世界トップクラスのタレントと選手層を擁している。今回は、選手層が厚すぎるがゆえにイタリア代表で活躍できなかった5人の選手を紹介する。


あまりにも強力なライバルを前に…

カルロ・クディチーニ
【写真:Getty Images】

GK:カルロ・クディチーニ
生年月日:1973年9月6日
イタリア代表成績:なし


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 1991年に元プロサッカー選手の父ファビオもプレーしたミランでキャリアのスタートを切るも、当時世界屈指の強豪だった同クラブで出番は掴めず。その後しばらく母国イタリアで挑戦を続けたが、セリエC(3部)の舞台で長時間プレーすることがやっとと、なかなかスポットライトが当たることはなかった。

 しかし、転機は訪れる。1999年に同じイタリア人のジャンルカ・ヴィアリ監督率いるチェルシーにレンタル移籍すると、翌年には完全移籍を奪取。そしてクラウディオ・ラニエリ監督の元、レギュラーに定着したのである。するとイングランドの地ではイタリア時代からは想像できないほど大活躍。2001/02シーズンにはファン投票によるチーム最優秀選手に選出され、2002/03シーズンにはプレミアリーグ年間最優秀GKに贈られるゴールデングラブ賞を受賞するなど、リーグ屈指のGKへと変貌を遂げた。

 ただ、代表には最後まで縁がなかった。チェルシーでの活躍によってイングランド国籍取得が望まれる中でもイタリア代表入りを夢見続けたが、ジャンルイジ・ブッフォンにフランチェスコ・トルド、アンジェロ・ペルッツィなど、あまりにもライバルが強力すぎたのである。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top