6位:エデル・ミリトン(レアル・マドリード/ブラジル代表)


【写真:Getty Images】


生年月日:1998年1月18日
市場価値:6000万ユーロ(約72億円)
21/22リーグ戦成績:34試合1得点3アシスト

 エデル・ミリトンがレアル・マドリードへやってきたのは、2019年夏のこと。加入当初は、セルヒオ・ラモスとラファエル・ヴァランが在籍していたため控えに甘んじたが、両選手が負傷に苦しんだ一昨季の終盤にチャンスを掴んだ。以降は守備の要として、レアルのDFラインに君臨している。

 卓越した戦術眼とパススキルで試合の組み立てに関与するダビド・アラバに対し、ミリトンは抜群の身体能力で広範囲をカバーする。圧倒的な対人守備の強さをみせ、相手をねじ伏せる。この男がいなければ、昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝はなかっただろう。

 こうした活躍により、レアル加入以降ダウンしていた市場価値は再びアップ。2021年の1年間で3000万ユーロ(約36億円)上昇し、現在は自己最高額の6000万ユーロ(約72億円)となっている。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

新着記事

↑top