トッテナム、的確な補強は選手だけにあらず。今季の成績を左右する影のキーマンとは?【22/23補強診断(6)】

2022年09月13日(火)6時10分配信

シリーズ:22/23補強診断
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,

補強・総合評価


IN

GK:フレイザー・フォースター(サウサンプトン/フリー)
DF:ジェド・スペンス(ミドルズブラ/完全移籍)
DF:デスティニー・ウドジェ(ウディネーゼ/完全移籍)
DF:クリスティアン・ロメロ(アタランタ/買い取りオプション行使)
DF:クレマン・ラングレ(バルセロナ/ローン移籍)
MF:イヴ・ビスマ(ブライトン/完全移籍)
MF:イバン・ペリシッチ(インテル/フリー)
MF:パペ・マタル・サール(メス/ローン移籍から復帰)
FW:リシャルリソン(エバートン/完全移籍)
FW:ブライアン・ヒル(バレンシア/ローン移籍から復帰)

OUT

GK:ピエルルイジ・ゴッリーニ(アタランタ/ローン契約満了)
DF:キャメロン・カーター=ヴィッカース(セルティック/完全移籍)
DF:ジョー・ロドン(スタッド・レンヌ/ローン移籍)
DF:デスティニー・ウドジェ(ウディネーゼ/ローン移籍)
DF:セルヒオ・レギロン(アトレティコ・マドリード/ローン移籍)
MF:ハリー・ウィンクス(サンプドリア/ローン移籍)
MF:ジョバンニ・ロ・チェルソ(ビジャレアル/ローン移籍)
MF:タンギ・エンドンベレ(ナポリ/ローン移籍)
MF:ジャック・クラーク(サンダーランド/完全移籍)
FW:ステーフェン・ベルフワイン(アヤックス/完全移籍)

補強評価:S

 昨季の時点で既にスタメンは完成されていたため、今夏の補強で大幅な戦力アップとなったわけではないが、全ポジションに実績豊富な選手を加えたことで贅沢なスカッドが揃った。余剰戦力の放出には苦戦しているが、セリエAで好調なウディネーゼからデスティニー・ウドジェを獲得(今季は同クラブへローン移籍)するなど若手有望株も獲得しており、トータルでみると充実した夏になったと言えるのではないだろうか。

総合評価:A

タンギ・エンドンベレやジョバンニ・ロ・チェルソら余剰戦力の売却には失敗したが、各ポジションに実力者とセットプレーのスペシャリストを加えたことでトッテナムの戦力値は格段にアップ。その証拠に今季は開幕から勝ち点を落とすビッグクラブが多くある中で、6節終了時点でマンチェスター・シティと並んで負けなしと、スタートダッシュを切ることに成功している。経営陣と揉める傾向にあるコンテと敏腕会長のダニエル・レヴィの間に亀裂が入らなければ、今季こそタイトルを獲得してもおかしくはないだろう。


【了】

1 2 3

新着記事

↑top