久保建英のアシスト増加を予感させる理由とは? レアル・ソシエダが徹底する難しいタスクの正体【分析コラム】

2022年09月19日(月)12時08分配信

シリーズ:分析コラム
text by 小澤祐作 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

久保建英 最新ニュース

ラ・リーガ第6節、レアル・ソシエダ対エスパニョールが現地時間18日に行われ、2-1でホームチームが勝利した。サッカー日本代表MF久保建英は先発し、83分までプレー。難しいタスクを担いながらも、アシストを記録した。(文:小澤祐作)


公式戦2試合連続のアシスト


【写真:Getty Images】

 良い感覚を掴みながら日本代表に合流できることは間違いない。MF久保建英が、またも目に見える結果を残した。

【今シーズンの久保建英は「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 15日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)・グループリーグ第2節のオモニア・ニコシア戦でベンチスタートだった久保は、エスパニョール戦で先発に復帰。オモニア戦で非凡なコンビネーションを見せたアレクサンダー・セルロートと2トップを組んだ。

 その久保は、17分にさっそく大きな仕事を果たした。

 エスパニョールGKアルバロ・フェルナンデスにバックパスが出ると、同選手がコントロールを乱す。それを見た久保が一気にスピードを上げてボールを突く。このこぼれ球にセルロートが反応して押し込み、レアル・ソシエダに貴重な先制点が生まれた。久保にとっては、ラ・リーガ通算100試合出場というメモリアルゲームでのアシストになった。

 久保のエスパニョール戦における最大のハイライトは上記のシーンだが、それ以外でも随所で攻撃を活性化しており、存在感はあった。データサイト『Who Scored』のレーティングは、ゴールを奪ったセルロートやブライス・メンデスよりも高い「8.1」となっていて、MOMに選出されている。

 その評価に疑問を持つことはない。久保は単にアシストという結果を残しただけでなく、難しいタスクを担いながら結果を残したからだ。

 ではその難しいタスクとは何だったのだろうか。

1 2 3 4

新着記事

↑top