MLS史上最長距離FK弾! 驚愕のロングシュートを決めたのは?

2022年10月06日(木)18時45分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , ,

サッカー南米代表 最新ニュース


【写真:Getty Images】



 メジャーリーグサッカー(MLS)で驚異のロングシュートが決まった。同リーグが公式SNSなどで紹介している。

 話題のゴールが決まったのは、現地時間5日に行われたシャーロット対コロンバス・クルーの一戦。コロンバス・クルーのMFルーカス・セララジャンが決めたゴールは、同リーグの史上最長FK弾になっている。



【欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 セララジャンは0-0で迎えた36分、敵陣右サイドのハーフウェイラインを越えたところからFKを蹴ると、裏に飛び出したFWを狙ったかに思われたボールはそのままゴールの方向へ一直線。前に出てケアをしようとした相手GKは逆を突かれる形になってゴールに吸い込まれた。

 MLSによると、これは同リーグがデータを集計し始めた2010年以降で最長のFK直接ゴールだという。

 アルゼンチン出身のセララジャンは、現在30歳。昨年から父の母国であるアルメニアの代表としてもプレーしている。コロンバス・クルーには2020年から所属。ロングレンジからのシュートは得意技で、MLSでこれまでにペナルティーエリア外から17ゴールを挙げている選手だ。

1 2

新着記事

↑top