FIFAワールドカップカタール2022 最新ニュース

FIFAワールドカップカタール2022が、11月20日に開幕を迎える。4年に1度の祭典に果たしてどのような選手たちが臨むのか。今回は、初出場となるカタール代表の招集メンバー26人と基本フォーメーションを紹介する。(情報は11月17日、年齢はW杯開幕時点のもの)


GK


【写真:Getty Images】

サード・アルシーブ(背番号1)
生年月日:1990年2月19日(32歳)
所属クラブ:アル・サッド
代表通算成績:66試合出場/68失点


【カタールW杯の結果を予想して当選金をゲット!
1試合予想くじ「WINNER」の無料会員登録はこちら!】


 10年以上の代表キャリアを持つ正GKで、現在は代表チームの主将も務めている。1対1のシーンではギリギリまで動かずにシュートの方向を見極めるスタイルを採用しており、際どいコースに飛んでも難なく弾き出して得点を許さない。凡ミスが少なく、ハイボール処理も非常に安定している。キャリアの中で移籍を一度も経験したことがない、現代では珍しいワンクラブマンだ。

メシャール・バルシャム(背番号22)
生年月日:1998年2月14日(24歳)
所属クラブ:アル・サッド
代表通算成績:15試合出場/20失点

敏捷性に優れ、かなりアグレッシブに前に出てゴールを守るスタイルが印象的なGK。懸念点はサイズの小ささで、実際にハイボール処理は不安定な場面も多い。代表ではアルシーブに次ぐ2番手だが、所属しているアル・サッドでの直近2シーズンはアルシーブよりも出場機会を多く得ている。9月のチリ戦ではPKストップの活躍も見せており、逆転での守護神に抜擢される可能性もあるだろう。

ユセフ・ハッサン(背番号21)
生年月日:1996年5月24日(26歳)
所属クラブ:アル・ガラファ
代表通算成績:9試合出場/9失点

 アル・ガラファの守護神を務めているGK。代表では3番手に甘んじているが、アルシーブに代わってゴールマウスを任されてもおかしくない実力を持つ。ボールホルダーに対してじりじりと距離を詰め、気付いた時にはシュートコースを消してしまう。また身体を地面に倒す動作が非常にスムーズで、下段のシュートに強いのも好印象だ。

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top