衝撃の7-0!スペイン代表、圧倒的強さの理由とは?コスタリカをねじ伏せた方法【分析コラム】

2022年11月24日(木)10時59分配信

シリーズ:分析コラム
text by 安洋一郎
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

新星スペイン代表、強さの理由



 ルイス・エンリケ監督の下でスペイン代表は進化を続けてきた。

 シャビやアンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャらを擁した2010年の南アフリカワールドカップでスペイン代表は圧倒的な強さを見せつけたが、2013年のコンフェデレーションズカップ決勝でブラジルに敗れてからは、全盛期と比較すると成績が伸び悩んでいる。

 その要因はポゼッションサッカーの終焉だろう。サッカー界のトレンドは素早い攻守の切り替えからのショートカウンターへと移り変わっており、多くのチームが前に出る攻撃的な守備を行うチームへと変貌を遂げた。

 エンリケ監督のスペイン代表はかつてのラ・ロハ(スペイン代表の愛称)である「ポゼッションサッカー」を踏襲しつつ、現代サッカーのトレンドも取り入れたハイブリッドなチームに成長している。

 この試合では仮にコスタリカがボールを奪ったとしても、猛烈なカウンタープレスで、あっという間に2人でコスタリカ代表の選手を囲いこみボールを奪取することに成功。最終ラインの位置も高く設定することで中盤の間延びを防ぎ、裏へのロングボールは全てオフサイドにする巧みなラインコントロールで相手に何もさせなかった。

1 2 3

新着記事

↑top