Home » 海外サッカー » クビ目前!? レアル・マドリードの放出候補5人。160億円の大失敗補強に、超期待のタレントも

レアル・マドリード 最新ニュース

 2022/23シーズンも終盤戦へと差し掛かっている。各リーグで熾烈な争いを極める中、来シーズンに向けた補強や契約の話題も増えてきた。現在レアル・マドリードに在籍している選手の中で、立場が危うい選手は誰なのか。今回の夏に契約満了を迎える選手を除き、放出候補となり得る選手をピックアップして紹介する(成績は4月11日現在)。


DF:アルバロ・オドリオソラ(元スペイン代表)


【写真:Getty Images】

生年月日:1995年12月14日
契約期間:2024年6月30日まで
22/23リーグ戦成績:2試合0得点0アシスト


【レアル戦の欧州CLを観るならWOWOW!
加入月は視聴料が無料。TV・PC・アプリで視聴可能】

 元スペイン代表のアルバロ・オドリオソラは、今季のレアル・マドリードで実質構想外だ。契約は2024年夏まで残っており、シーズン終了後に手放したいところだろう。

 2018年にレアル・マドリードの一員になったオドリオソラは、バイエルン・ミュンヘンとフィオレンティーナへのレンタルを経験し、昨年夏に復帰を果たした。フィオレンティーナでは頻繁に起用されていたものの、レアル・マドリードではダニエル・カルバハルの控えとしても信用されていないようで、今季のリーグ戦出場はわずか2回。どちらも途中出場で、プレータイムにすると30分間である。それでいて年俸は639.3万ユーロ(約8.9億円)と高額だ。

 レアル・マドリードは2018年夏、レアル・ソシエダからオドリオソラを獲得するために3200万ユーロ(約45億円)の移籍金を投じた。この回収は不可能だとしても、27歳という年齢を考えると、まだ長くピッチに立てる見込み。獲得に名乗りを上げるクラブはいるはずで、バックアッパーとしても期待できないのであれば、放出するのが自然な流れと言えそうだ。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top