Home » サッカー最新ニュース » クビ目前!? レアル・マドリードの放出候補(5)大事に育てたいフランスの超逸材

レアル・マドリード 最新ニュース

 2022/23シーズンも終盤戦へと差し掛かっている。各リーグで熾烈な争いを極める中、来シーズンに向けた補強や契約の話題も増えてきた。現在レアル・マドリードに在籍している選手の中で、立場が危うい選手は誰なのか。今回の夏に契約満了を迎える選手を除き、放出候補となり得る選手をピックアップして紹介する(成績は4月11日現在)。


MF:エドゥアルド・カマヴィンガ(フランス代表)


【写真:Getty Images】

生年月日:2002年11月10日
契約期間:2027年6月30日まで
22/23リーグ戦成績:28試合0得点1アシスト


【レアル戦の欧州CLを観るならWOWOW!
加入月は視聴料が無料。TV・PC・アプリで視聴可能】


 昨年夏にレアル・マドリードが3100万ユーロ(約43.4億円)を投じて獲得したエドゥアルド・カマヴィンガは、1月にも移籍がささやかれていた。

 20歳のカマヴィンガは、すでにフランス代表でもプレーしている超有望株。その才能に疑いはない。ただ、スターぞろいのレアル・マドリードではベンチスタートとなることも少なくなく、そのため1月にアーセナルなどへのレンタルが噂になった。

 これから長期にわたってレアル・マドリードのボランチを任せられる逸材であることは確か。今後のカギは、ルカ・モドリッチやトニ・クロースといった先輩からの世代交代のタイミングだ。

 現在のようにコンスタントにピッチに立っていれば、カマヴィンガは残留へ向かうはず。ただ、先輩たちが衰え知らずのパフォーマンスを続けるのであれば、一度異なるクラブで経験を積むというのも長期的にみてレアル・マドリードのプラスになるかもしれない。

 レアル・マドリードとしても重要に育てたいタレントだからこそ、今後の動向に注目が集まっている。

【関連記事】
クビ目前!? レアルの放出候補(1)〜(5)全選手紹介
クビ目前!? レアルの放出候補(2)
クビ目前!? レアルの放出候補(3)

【了】

新着記事

↑top