Home » サッカー最新ニュース » サッカー市場価値ランキング【アンドリュー・ロバートソン】リバプール最強の武器?突出したアシスト力を持つ男

サッカー市場価値ランキング【アンドリュー・ロバートソン】リバプール最強の武器?突出したアシスト力を持つ男

2023年04月25日(火)10時30分配信

シリーズ:市場価値ランキング
photo Getty Images
タグ: , , , , , , ,

イングランド・プレミアリーグ 最新ニュース

 22/23シーズンは佳境を迎え、オフシーズンに向けて移籍の噂への関心が大きくなっている。サイドバックの選手として最も価値があるのは誰なのか。データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版をもとに紹介する。※市場価値、成績は4月17日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠。


9位:アンドリュー・ロバートソン(リバプール/スコットランド代表)


【写真:Getty Images】


生年月日:1994年3月11日(29歳)
市場価値:4800万ユーロ(約67.2億円)
22/23リーグ戦成績:26試合0得点6アシスト


【今シーズンのプレミアリーグはABEMAで!
14日間無料! いつでもどこでも簡単視聴】


 リバプールの左サイドバックとして不動の地位を築いているアンドリュー・ロバートソンが、このランキングの9位だ。

 ロバートソンは2017年にハル・シティからリバプールへ移籍。ハル・シティの2部降格に伴う移籍だったとはいえ、その後の活躍を考えると獲得に投じた900万ユーロ(約12.6億円)はお手頃価格だった。

 2017/18シーズン途中から定位置をつかんだロバートソンは、2年目にプレミアリーグで10アシストを達成。3年目に12アシスト、4年目も10アシストと、毎年2桁アシストを記録している。DF登録の選手としてはプレミアリーグ史上最多のアシスト数を更新中だ。

 29歳という年齢と今季のリバプールの不振が影響し、ロバートソンの市場価値は低下中。2019年末時点の8000万ユーロ(約112億円)をピークに下落が続いているものの、突出したアシスト能力に疑いの余地はない。

【関連記事】
世界最高の(SB)は誰だ!? 市場価値ランキング1~10位
世界最高の選手は誰だ!? 市場価値ランキング1~10位
【了】

新着記事

↑top