Home » サッカー最新ニュース » サッカー市場価値ランキング【トレント・アレクサンダー=アーノルド】約60億円も価値が下がったキックの達人

サッカー市場価値ランキング【トレント・アレクサンダー=アーノルド】約60億円も価値が下がったキックの達人

2023年04月26日(水)10時30分配信

シリーズ:市場価値ランキング
photo Getty Images
タグ: , , , , , , ,

イングランド・プレミアリーグ 最新ニュース

 22/23シーズンは佳境を迎え、オフシーズンに向けて移籍の噂への関心が大きくなっている。サイドバックの選手として最も価値があるのは誰なのか。データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版をもとに紹介する。※市場価値、成績は4月17日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠。


5位:トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール/イングランド代表)


【写真:Getty Images】


生年月日:1998年10月7日(24歳)
市場価値:6500万ユーロ(約91億円)
22/23リーグ戦成績:28試合1得点3アシスト


【今シーズンのプレミアリーグはABEMAで!
14日間無料! いつでもどこでも簡単視聴】


 リバプールの右サイドを務めるトレント・アレクサンダー=アーノルドは、ピーク時に比べて市場価値を落とした。だが、いまでも世界最高峰だ。

 抜群の攻撃性能を誇るアレクサンダー=アーノルド。特に右足から繰り出される正確無比なキックは、リバプールの攻撃の武器だ。その重要度は市場価値にも表れており、2019年から2020年にかけては1億1000万ユーロ(約154億円)まで上昇している。

 しかし、2021年以降は右肩下がりが続いている。これは年齢を重ねた影響もありそうだが、今季はパフォーマンス面でも非難されることが多かった。リバプールは不振の時期があり、守備面の課題が浮き彫りに。ディフェンスのもろさが指摘されてきたアレクサンダー=アーノルドにとってもタフな時期となり、市場価値は6500万ユーロ(約91億円)まで下落している。

 それでも、アレクサンダー=アーノルドはまだ24歳。守備を改善してさらに上のステージへのぼりつめる可能性はある。強みを前面に出せるチームであればこれ以上ない武器となれることはこれまでのキャリアが証明しているだけに、今後どのような道を歩むのかに注目だ。

【関連記事】
世界最高の(SB)は誰だ!? 市場価値ランキング1~10位
世界最高の選手は誰だ!? 市場価値ランキング1~10位
【了】

新着記事

↑top