フットボールチャンネル

最強の海外日本人選手は誰だ!? 能力値ランキング11~15位。長谷部誠が君臨!新世代DFも

シリーズ:編集部フォーカス text by 編集部 photo by Getty Images

13位:旗手怜央

最強の海外日本人選手は誰だ!? サッカー能力値ランキング13位、旗手怜央の能力値画像
【写真:Getty Images】


生年月日:1997年11月21日
所属クラブ:セルティック(スコットランド)
22/23リーグ戦成績:32試合6得点9アシスト

 今季初めて欧州でフルシーズンを過ごした旗手怜央は、インサイドハーフのレギュラーとしてクラブのリーグ優勝、カップ戦優勝に大きく貢献。得点王に輝いた同僚の古橋亨梧の活躍に目が行きがちだが、公式戦で20得点に直接関与するなど、旗手の活躍も目を見張るものがあった。

 インサイドハーフ以外にもサイドバックやサイドハーフもこなすユーティリティ性の高い旗手の能力値は、それぞれの項目でそれほど偏りがなく、どの局面でも機能する穴のない選手であることが分かる。その中でも最大の特長は「フィジカル」にある。身長は172cmと大柄ではないものの体幹が非常に強く、強靭な欧州の選手たちにプレッシャーを受けても簡単に倒れない。またスタミナも非常に豊富で、試合終盤まで走り続けることができる。

 旗手は中盤の働き者でありながら、崩しの局面でも繊細なプレーをみせる。非凡な「スキル」を発揮して相手DFのベクトルの逆を巧みに突き、スペースの狭いペナルティエリア内でも難なくプレーする。加えて、今季のビッグチャンスクリエイト数でリーグトップ10(10回)に入るなど味方を生かす術も熟知しており、強烈なシュートも武器に持つ。こうしたアクションの多さが、欧州でも存在感を潜めない理由だろう。(データサイト『Sofa Score』を参照)

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top