Home » 日本代表 » なでしこジャパン最高の初戦、5得点圧勝の主役は?【ザンビア戦どこよりも早い採点/女子W杯】

なでしこジャパン・WEリーグ 最新ニュース

サッカー女子日本代表(なでしこジャパン)は22日、FIFA女子ワールドカップオーストラリア&ニュージーランド 2023・グループC第1節でザンビア女子代表と対戦し5-0で勝利。この試合でなでしこジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。ザンビア女子代表戦に出場した選手(出場時間の短い選手は除く)、監督のパフォーマンスをどこよりも早く採点する。



【写真:Getty Images】

5得点で相手を圧倒

【なでしこジャパン 5-0 ザンビア女子代表 女子W杯】

【WEリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】

山下杏也加 6.0

 ピンチはほぼなく、静かな時間を過ごしていた

石川璃音 7.0

 終始落ち着いてプレー。見せ場は少なかったが、不安になるようなこともなかった

熊谷紗季 7.0

 DFリーダーとして最終ラインを統率。相手のシュートを0本に抑えた

南萌華 7.0

 立ち上がりややバタバタしたものの、その後は安定感あるプレーを続けた

清水梨紗 7.0

 豊富な運動量を武器に上下動を繰り返した。前半には決定機にも絡んだ

長谷川唯 8.5

 幅広いエリアでボールに関与。視野の広さを発揮し精度の高いキーパスを連発した

長野風花 7.5

 的確なボール捌きで攻撃のリズムを生んだ。攻守の切り替えも早かった

遠藤純 8.0

 鋭い左足のキックが何度も脅威に。1ゴール1アシストと十分な結果も残した

藤野あおば

7.5 積極的なプレーで相手DFを脅かした。先制点のアシストは見事だった

宮澤ひなた

8.5 ゴール前で落ち着いたプレーをみせ2ゴールを奪取。勝利の立役者となった

田中美南 8.5

 3度目の正直で追加点をゲット。粘り強いプレーからアシストもマークした

植木理子 7.0

 良い入りを見せて4得点目に絡んだ。終盤には鋭い抜け出しからPKを誘発し、追加点を奪った

猶本光 –

 出場時間短く採点不可

清家貴子 –

 出場時間短く採点不可

千葉玲海菜 –

 出場時間短く採点不可

池田太 7.5

 終始相手を圧倒して5得点を奪取。最高のスタートを切った

【関連記事】
なでしこジャパン、女子W杯のスケジュールは? テレビ放送・配信予定・キックオフ時間
【全選手写真】なでしこジャパン 女子W杯メンバー一覧
【グループリーグ順位表】FIFA女子ワールドカップ2023(W杯) 組み合わせ

【了】

新着記事

↑top