Home » 日本代表 » なでしこジャパン完勝! 猶本光の評価は?【コスタリカ戦どこよりも早い採点/女子W杯】

なでしこジャパン・WEリーグ 最新ニュース

サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)は26日、FIFA女子ワールドカップオーストラリア&ニュージーランド 2023・グループC第2節でコスタリカ女子代表と対戦し2-0で勝利。この試合でなでしこジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。コスタリカ女子代表戦に出場した選手(出場時間の短い選手は除く)、監督のパフォーマンスをどこよりも早く採点する。

FIFA女子ワールドカップオーストラリア&ニュージーランド2023・グループリーグC第2節のコスタリカ女子代表戦で2点目を奪い喜ぶなでしこジャパン(サッカー日本女子代表)のメンバー
【写真:Getty Images】



ザンビア戦に引き続き完封勝利

【なでしこジャパン 2-0 コスタリカ女子代表 女子W杯】

【WEリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】

山下杏也加 6.0

 初戦に引き続き、難しいセーブを強いられることはなかった

三宅史織 6.5

 今大会初先発で終始安定したプレー。惜しいシュートもあった

熊谷紗希 6.5

 安心安全。最終ラインを引き締め、2試合連続のクリーンシート

南萌華 6.5

 鋭い出足で相手の攻撃をシャットアウト。ビルドアップも問題なし

清水梨紗 6.5

 高い位置でのプレーを続け攻撃を活性化。ビッグチャンスもあった

長谷川唯 7.0

 最高の司令塔。卓越した技術と視野の広さを武器にリズムを生み出し続けた

林穂之香 6.5

 運動量豊富に幅広いエリアで味方をサポート。先発起用に応えた

杉田妃和 6.5

 仕上げの精度に少し難はあったが、積極果敢な仕掛けが相手に効いていた

藤野あおば 7.0

 得意のドリブルが炸裂。ニアをぶち抜いた追加点は見事だった

猶本光 7.0

 精度の高いシュートで貴重な先制ゴールを奪取。大仕事を果たした

田中美南 6.5

 ゴールこそなかったが、巧みなポストプレーで何度かチャンスの起点となった

植木理子 6.5

 パワフルなプレーで相手DFを困らせた。ポストプレーだけでなく仕掛けも良かった

宮澤ひなた 6.5

 限られた時間でゴールへの強い意識を見せた。植木との連係からチャンスも

長野風花 6.0

 難しい時間帯にピッチインするも落ち着いたプレーを披露した

清家貴子 6.0

 出場時間は限られたが、チャンスに絡んだ

守屋都弥 –

 出場時間短く採点不可

池田太 6.5

 初戦から4人を変更。後半はやや勢いが落ちたが、前半の戦いは完璧だった

【関連記事】
なでしこジャパン、女子W杯のスケジュールは? テレビ放送・配信予定・キックオフ時間
【全選手写真】なでしこジャパン 女子W杯メンバー一覧
【グループリーグ順位表】FIFA女子ワールドカップ2023(W杯) 組み合わせ

【了】

新着記事

↑top