Home » 海外サッカー » プレミアリーグ » アーセナルはなぜ勝ち点3を取り逃がしたのか。疑問だらけ? なアルテタ監督の采配【分析コラム】 » Page 2

アーセナルはなぜ勝ち点3を取り逃がしたのか。疑問だらけ? なアルテタ監督の采配【分析コラム】

2023年09月25日(月)15時40分配信

シリーズ:分析コラム
text by 竹内快 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , ,

ヴィエイラ→ハフェルツの理由は?



 ヴィエイラとハフェルツの交代に対して、アルテタ監督は「戦術的なものだった」と語っている。これはライスがピッチを去るのに伴い、アーセナルのミドルサードに“高さ”がなくなったことが理由として挙げられるだろう。

 身長170cmのヴィエイラに代えて、身長193cmと“高さ”のあるハフェルツを入れることで、空中戦にも強いライスが抜けた穴を補った形だ。実際ハフェルツは空中戦勝率66%(3回中2回勝利)を記録しており、アルテタ監督の狙いは上手くいったと言えるだろう。

 展開力に優れたジョルジーニョが入ったことで、アーセナルはボール保持でトッテナムに対抗する傾向を強めた。アーセナルのボール保持率は前半39%だったが、後半には55%まで上昇している(データサイト『SofaScore』参照)。アルテタにとって誤算となったのは、ジョルジーニョのエラーだ。このイタリア代表MFの“らしくないミス”でトッテナムのカウンターを食らい、2-2の同点に追いつかれた。ライスの交代は不測の事態であり、当然ながらこれをアルテタ監督の失策とすることはできない。

 一方で、試合終盤の交代策には疑問が残る。スペイン人監督の指揮には、どのような問題点があったのだろうか。

1 2 3 4

新着記事

↑top